2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鼻かけえびす初笑い大会 | トップページ | 鮎鮓街道・笠松町 »

2010年1月22日 (金)

信貴山番外編

旬のネタを挟みましたが再び信貴山に戻ります^^;
今回はその番外編、「朝護孫子寺」境内外周辺の紹介です。

「朝護孫子寺」へは境内駐車場からは別にして
他の駐車場やバス停方面から来る2ヶ所の道があります。

その一つ、王子方面バス停からの道を来るとまずこちら、

Bangai001
仁王門の手前にある「千体地蔵」です。

謂れは分かりませんが・・・おなじみの前掛を付けた
小さなお地蔵さんがずらりと並びます。

Bangai0021
その先にある「仁王門」

” 信貴山の山門であり、宝暦10年(1760)に再建、
 対象11年(1922)にこの地に移された・・・ ”と。

仁王門をくぐって参道を行くと、

Bangai0022
右手にあるのが「猪上神社」

” 明治維新の神仏分離令により対象11年(1922)に現地に
 遷座しました・・・信貴山の総鎮守として延喜式内に列した古社
 でもあります・・・。”
ちょうど仁王門と同じ時期に移されていることになります。

そして合流するのがもう一つの道。

Bangai003
高安山方面バス停から来ると渡る「開運橋(かいうんばし)」です。

” かって走っていた山上電車の終点信貴山門駅から、
 「朝護孫子寺」に向かう近道として昭和6年(1931)に竣工・・・”と。

Bangai004
全長106mの「上路カンチレバー橋」という形式で、
現存する最古の橋(日本にある2例のひとつ)だそうです。

日本最古の「カンチレバー」構造の橋。
カンチレバーとは
橋脚の左右でバランスをとりながら少しずつ橋げたを延ばす工法。

はじめは解説を読んでいても理解できなかったんですが、
飛び込みのあの踏み板の要領・・・これでようやく分かりました^^;

Bangai005
もちろん橋には”寅”のデザインです。

  Bangai0061 Bangai0062 
下から見た橋脚部。

「トレッスル橋脚」といわれる構造で
山陰本線の「餘部鉄橋」と同じ構造の橋脚です。
こうして真下から見ると圧巻です!


Bangai007
下から見上げる「開運橋」。

「カンチレバー工法」と「トレッセル橋脚」という珍しい橋、
「開運橋」は2007年に文化財価値が認められて
国の登録有形文化財に選ばれています。

その証が橋の袂にありました。

Banngai008
まだ真新しい文化財登録記念碑?です。

「信貴山朝護孫子寺」、
広い境内に建ち並ぶお堂や見所は数ありますが、
これもまた思いつくままに番外編の境内外でした。

« 鼻かけえびす初笑い大会 | トップページ | 鮎鮓街道・笠松町 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

三年前の今頃、信貴山に行きました。お寺あり神社あり、戒壇ありのお寺テーマパークみたいな非常に面白いところです
よね。そして信貴山のシンボルはトラなので、今年にぴったりです。
なつかしく拝見しました。

フデさん
信貴山、行かれてましたか。

お寺のテーマパーク、おっしゃるとおりですね。
ここだけは寅年の今年新年にと決めていました。(笑)
奥の院に行けなかったのが心残りで、
あらためて再訪問をと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信貴山番外編:

« 鼻かけえびす初笑い大会 | トップページ | 鮎鮓街道・笠松町 »