2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 白山スーパー林道 | トップページ | 答志島・岩屋山遊歩道 »

2009年11月 4日 (水)

中山道赤坂宿まつり

岐阜県大垣市赤坂町、
旧中山道赤坂宿の道筋で行われた「中山道赤坂宿まつり」です。

まつりの華は皇女和宮降嫁を再現するという姫宮行列、
出発から折り返しまでを追ってみました。

Akasaka01
出発準備が終わって定刻どおりのスタートでした。

その隊列です。

Akasaka02
先頭は宮中雅楽隊?護衛の供侍、子供武者隊、
そして女官が続きます。

資料がなく見たままに書いていますがそのあとに皇女和宮。

Akasaka03
江戸時代後期の動乱期、
朝廷と幕府が執った公武合体政策のなかで、
第14台将軍家茂に降嫁した皇女和宮。

江戸へ向かう途中、ここ赤坂宿に宿泊したとされ、
道沿いの家屋を建て直し、「嫁入り普請」を行ったと言う伝えから
地域おこしのためと始まったまつり。

Akasaka04
続くのは第9代将軍家重の正室、比宮(なみのみや)。

Akasaka05
第10代将軍家治の正室、五十宮(いそのみや)。
そして最後にも子供武者隊です。

Akasaka06
Akasaka07
行列は中山道に入ります。

Akasaka08
これからまつり見物の人たちでごった返す街道筋へ。

Akasaka09 
Akasaka10
姫宮行列の一行はその中を進みます。

途中にある本陣公園で「和宮記念碑」に献花、
行列のメイン行事です。

Akasaka11
Akasaka12 
Akasaka13_2
和宮以下、参加全員の献花です。

献花のあと再び行列は町筋を進みます。

Akasaka14
この辺りは道も狭く人、人、人の波でした。

Akasaka15
先頭で雅楽を受け持つ人たち。
単調な行列に唯一の調べが雅を演出します。

Akasaka16 
赤坂大橋で行列が折り返しました。

ここから出発地まで戻ります。

Akasaka17

美濃赤坂、中山道赤坂宿まつり。

江戸に降嫁した皇女和宮が下向した中山道、
かって歩いたところにも和宮に関するものがありました。
あらためて思い出したまつりでした。     3日

« 白山スーパー林道 | トップページ | 答志島・岩屋山遊歩道 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

今年初めて矢橋邸での三姫の食事でした(和宮御膳、赤坂宿での朝食です)。
その為に例年と違いましたので 献花場所でのお客様は結構待たされていました。
また、来年来てください。来年は和宮下向120年になります。
また、和宮御膳は加納宿・中津川宿などありますのでお尋ねください。

かなぶ さん
コメントありがとうございます。

今年は出かけられませんでしたが賑やかだったでしょうね。
華やかな姫宮行列の三姫、食事つきでしたか。
和宮下向120年となると来年はまた新しい趣向があるでしょうね。
宿まつりは楽しみの一つですからぜひ訪れたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山道赤坂宿まつり:

« 白山スーパー林道 | トップページ | 答志島・岩屋山遊歩道 »