2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 答志島・築上遊歩道 | トップページ | 浜名湖立体花博・Ⅱ »

2009年11月 7日 (土)

浜名湖立体花博・Ⅰ

開幕以来すでに終盤に入った「浜名湖立体花博」です。

正式には「浜松モザイクカルチャー世界博2009」。
やけに長いタイトルですが、花木を中心に作られた
モザイカルチャー作品が91展示されています。

すべて紹介するには10日はかかります?から
その一部をせめて二部構成でと・・・終わるかな~。

Hamanako001
会場のフラワーパーク入口です。

Hamanako002
入った正面、噴水前広場。
順路の案内はここから右へと左回りです(別に好きでいいです)。

展示作品の最初にあるのがこれ、

Hamanako003
タイトルは「ほほえみのハーモニー」。
主催者の浜松市の作品でもちろん趣旨はありますが、
割愛させていただきます。

すぐ横には北京市の巨大な作品です。

Hamanako004
タイトルは「燕京鹿鳴」。
これも趣旨は省かせていただきます。><
全般にこういう雰囲気なんだと感じていただければと。

この左には温室がありますが、順路は左へ階段を下ります。

Hamanako005
ちょうど始まったウオーターショウの中を順路に従って・・・。

Hamanako006
モントール市の「木を植えた男」。

横にあります

Hamanako007
上海市の「海宝」。
作品のメインは上海エキスポマスコットの「海宝(ハイパオ)」。

ここまで12の展示作品を飛ばしています。><
ここからフラワーパークの池の辺を回ります。
その周辺に展示されている作品は45作品。

その中から会場雰囲気も入れながら。

Hamanako008
新潟市の「大凧合戦」。
”愛”、直江兼続ですね~。

Hamanako009
仙台市からは「仙台散歩」
五線符と音符、森の杜仙台を肌で感じて散歩する姿を、
欅並木と個々のレリーフで表現とありますが・・・。?

Hamanako010
Hamanako011
人はたくさん入っていますが、
会場が広いのか?まだそれほど混雑を感じません。

Hamanako012
この辺りが展示作品もいちばん多い通りなんですが、
撮影にもそれほど人の写り込みを気にすることもありません。

Hamanako013
Hamanako014
飛ばしに飛ばして、大阪市「水都大阪」の中の島。
沖縄美ら海水族館「カクレクマノミとイソギンチャク」。

Hamanako0152 
飯田市南信州広域連合の
「私たちの南信州の未来-夢を乗せて-」。

Hamanako015_2
たまたまでしょうか?りんごの作品が手直しされていました。
これらの作品を維持するための手入れは大変ですね~。

Hamanako016
愛知県は「モリゾーとキッコロ」。
「愛・地球博」のマスコットでおなじみです。

ここまでで展示作品の約半分、(飛ばした数は・・・?)
左回りに会場もほぼ3分の2週をしました。
このあとは正面入口に戻りながら残りの作品から
その一部を紹介していきます。   続きます。

« 答志島・築上遊歩道 | トップページ | 浜名湖立体花博・Ⅱ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜名湖立体花博・Ⅰ:

« 答志島・築上遊歩道 | トップページ | 浜名湖立体花博・Ⅱ »