2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 丹波もみじ三山・円通寺 | トップページ | 丹波紅葉めぐり・岸瀧寺 »

2009年11月17日 (火)

丹波もみじ三山・高源寺

「丹波もみじ三山」の最後は青垣町にある「高源寺」でした。

円通寺からさらに北にあります。
こちらはすでに散り始め・・・とは確認済みでしたが、
やはり丹波の名所三山立寄らないわけにはいけません。

Kougenji01
まずは惣門、
いただいた栞の写真はここをワイドで撮った紅葉ですが、
ご覧のとおりで散った後です。

Kougenji02
門を入りますとやや逆光気味の光で綺麗に見えます。

散り残るもみじの小枝が重なり合って、
それなりに見せてくれます。

Kougenji03
Kougenji04
散った下と残る上・・・。

Kougenji05
いきなりもうこれで終わり・・・のような一枚ですが、
惣門から山門までの間がかろうじて見れる状況でした。

Kougenji06
ここからはお寺の紹介になってしまいますが、
ここもさすがに古刹!でした。

Kougenji07
Kougenji08
急な石段を登ると山門、別名「紫鳳楼」といい、
階上には釈迦如来と十六羅漢が祭られているそうです。

Kougenji09
くぐって正面の石段を登ると仏殿(本堂)。

Kougenji10
法王殿ともいい、1720年頃、天巌禅師の建立。
ご本尊は釈迦如来坐像です。

Kougenji11
”心の字池”を見てもうひと踏ん張り

Kougenji12 
本堂横の最後の石段を登ります。

Kougenji13
最上部に建つ方丈。

右手に向かうと

Kougenji14
鐘楼の前に「天目楓」(右手)の古木、
その向こうには雪舟が造築したと云われる築山「大痩嶺」。

Kougenji15
方丈境内と三重塔を結ぶ橋が「三笑橋」、渡る渓谷は「虎谿泉」、
由来は中国の故事に基づきますが省きます。^^

そして三重塔

     Kougenji16
栞では多宝塔ともあり、
輪蔵という造りで開運毘沙門天が祭られ、経蔵でもあります。

ここから散策路を下ってもみじ広場に出るも良し、
戻って散りもみじの道を行くも良し。

Kougenji17
食事処、丹丘荘の裏手から見る三重塔です。

紅葉はこれだけか?と言われそうですが、
古刹深訪だけでも十分に満足の「高源寺」!でした。

急いでアップしました「丹波もみじ三山」。
何故かって?そうです、紅葉の見所はまだまだ他にもあります!
そのなかから丹波市に残る1ヶ寺と篠山市にある2ヶ寺、
こちらもまた散々な三山と言われそうですが・・・続けます。^^

« 丹波もみじ三山・円通寺 | トップページ | 丹波紅葉めぐり・岸瀧寺 »

お出かけ・紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹波もみじ三山・高源寺:

« 丹波もみじ三山・円通寺 | トップページ | 丹波紅葉めぐり・岸瀧寺 »