2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 京都・神護寺 | トップページ | 初瀬街道・青山峠越え »

2009年11月12日 (木)

初瀬街道・名張から伊勢路

少しはのんびりと歩きたいと出かけた初瀬街道でした。

以前、名張まで歩いた続きを青山峠西麓までの、
新田、阿保、伊勢路宿を歩くつもりでした。
途中迷いに迷ったこの街道!こんなに道が分断され、
分かりにくい街道も初めてでした。><

予定より1時間遅れで着いた新田宿。

Hase001
江戸時代中期に、新田水路の工事のために旅籠が建ち、
宿場ができたとか。
町筋には昔の家並みが残ります。

 Hase0021 Hase0022
戸袋の細かい細工や、
かっての店名が掲げられた暖簾などに
往時の宿場の雰囲気が感じられます。

こうした町筋を見るのが街道歩きの醍醐味です。^^

Hase003
宿場の出口にある常夜灯。
「初瀬街道」の案内標識を見て行くと途中から道がありません!
そのまま行くととんでもないところへ出てしまいます。

そんな予備知識をしていても何故か確かめるために回り道。
無駄な時間?いえ、これも承知で・・・戻って歩く初瀬街道でした。

Hase004 
街道筋で見るものは常夜灯に道標、水神さんや野仏に地蔵さん、
そんな味気ないものばかりですが、これも楽しみのひとつ。

Hase005
阿保宿の手前にある羽根集落で・・・
秋の景色?が彩を添えてくれます。

    Hase006 
すぐに阿保西部にある大常夜灯です。

ここから阿保宿へと入ります。

Hase007
Hase008
Hase009
宿場の面影を色濃く残す建物が並びます。

見所はたくさんありますがサラッと・・・。

Hase010
こちらは初瀬街道交流館「たわらや」、
街道の遺産である「参宮講看板」などが保存されています。

宿場を抜けると阿保橋。

Hase012
橋の傍にある「本居宣長菅笠日記」の文学碑。
本居宣長の吉野旅行記が刻まれています。

阿保橋を渡ります。

Hase013
飾られているのは造花のもみじと本物のススキですが、
これも精一杯のもてなしでしょうか。

渡れば国道165号線、

Hase014
ここから伊勢路までは二里(8キロ)の距離、
朝の手間取りがこたえて時間不足となりました。

ここはかって歩いたところ、道筋にはなにもありません。
そのまま伊勢路宿で繋ぎます。><

Hase015
伊勢路宿の手前にある街道案内板です。

国道を渡ります。

Hase016
かっては伊勢地と呼ばれたところ。
青山峠の西麓にあり、峠越えの旅人で賑わったという。

     Hase017 
ここにも大常夜灯があります。

Hase018 
玄関口に飾られた行灯を見ながら宿場を抜けていきます。

Hase019
青山の西麓に、今はひっそりとある伊勢路宿。

最大の難所青山越えをひかえた旅人たちは、
阿保・伊勢路宿で疲れを癒し伊勢に旅立ちました。

Hase020
伊勢路から青山峠へと続く分岐。

思い立ったように載せました初瀬街道、
この後はその難所と言われた青山峠を越えます。

« 京都・神護寺 | トップページ | 初瀬街道・青山峠越え »

歩く・街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/46683043

この記事へのトラックバック一覧です: 初瀬街道・名張から伊勢路:

« 京都・神護寺 | トップページ | 初瀬街道・青山峠越え »