2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 奈良・大和文華館 | トップページ | 近江中山芋くらべ祭り »

2009年9月 2日 (水)

ならまち

学園前から奈良に出ました。

奈良はこの日「バラサ祭り」開催中!
時間は2時から、暑い中でさらにヒートアップします。

時間が少しありました、
こちらも久しぶりでしたが・・・”ならまち”です。

Nara001
猿沢池から上ツ道(伊勢街道)に入ります。

Nara002
真直ぐ続く道、突き当りが中新町の漢方薬局、
買ったのは和漢胃腸薬「陀羅尼助丸」。

いつもは吉野で買いますが奈良ではここです^^

Nara003
左隣は「奈良町物語館」、
右に回ると「「奈良町資料館」です。

資料館の前を通って高御門町から下御門町へ。

 Nara0041 Nara0042
祭りのためか?いつもより人が少ないようです。
静かな”ならまち”もまた良し!

Nara005
ならまち界隈、
何も変わらない同じ町筋なんですが・・・
歩くとそれなりに楽しいところ。

静かな通りから大勢の人で混みあう商店街(この日は
某系列局の24時間テレビでした^^)を抜けて三条通りに出ます。
ここは祭りの見物客で埋まっていました。

上三条から下三条へ。

Nara006 
Nara007
トップを務める”コーブバサラ”が下三条通りをスタート。

次々とスタートする踊り連を横目に戻ります><

Nara008 
暑いね~sweat01 お姉さん!

踊る・なら・そらっ!「バサラ祭り」。

昨年も見ているためか?いや、なぜか気乗りがしなくて><
暑い奈良から早いご帰還でした。     camera  30日  

« 奈良・大和文華館 | トップページ | 近江中山芋くらべ祭り »

まちかど散策」カテゴリの記事

コメント

「良薬口ににがし」の代表格の【陀羅尼助丸】
子供の頃祖父に無理やり飲まされたのを今でも覚えています。
小生も昨年大峯山の土産に友達から貰ってまだ半分残っています。

二日酔い、悪酔のむかつきにも効能があるらしいですなぁ (*^-^)

茶太郎さん
何故か?我が身にはまさに「良薬口ににがし」、効きます。

>二日酔い、悪酔のむかつきにも
これにしかこの陀羅尼助は効きません、冗談です!
名前は同じでも銘柄が多いのが困りものです。
まぁ、あまりお世話にならんほうがいいですが。

好好爺さん、こんばんは。

本当にいろいろなお祭りがあるのですね。
ところで「バサラ」とはどういうお祭りなのでしょう。

お茶の歴史では室町のころ「バサラ大名」というお茶を賭け事にした武将がいました。

そちらのほうでは「常識はずれ、華美な」という意味ですが、同じ意味なのでしょうか。

so-yu さん
おはようございます。

「バサラ祭り」、基本的には各地で行われているような
ストリートダンスを中心としたダンスパホーマンスの祭りです。
意味は仰るとおりです。
婆娑羅「奇をてらい華美をつくす」、そんな「バサラ大名」といえば
やはり東近江の佐々木道誉(京極道譽)でしょうか。

全く 住んで居るものも 驚きの ならまちでした。
暮らして 居るものも 気づかない アングル 丁寧な取材 
その上 写真が 上手い! 的確だな〜 って感想でした。

ビズーさん
えらく褒めていただいて恐縮です。

何も変わらないホンに普通のならまちです^^
いつもの蕎麦屋でそば食べて薬を買いに歩いた町筋。
こんな写真を撮るのは街道歩き以来でしたが、
ここも好きなまちの一つです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/46078553

この記事へのトラックバック一覧です: ならまち:

« 奈良・大和文華館 | トップページ | 近江中山芋くらべ祭り »