2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雨の妻籠宿 | トップページ | 東海道・街道筋 »

2009年9月15日 (火)

元善光寺・飯田市

南信州バスの旅は続きます。

妻籠宿から国道256号線(はなもも街道)を飯田市へ、
雨は止むこともなく着いたところは「元善光寺」。

Motozen01
7年ぶりの6善光寺同時御開帳は終わりましたが、
それでも参詣客は後を絶ちません。

Motozen021

推古天皇10年(602),麻績(おみ)の里といわれた時代、
この地の住人本多善光が難波の堀から一光三尊の本尊を
持ち帰ったのがその始まりという。

Motozen022_2

その後皇極天皇元年(629)、勅命により現在の長野市へ遷座
され、善光の名をとって「善光寺」と名づけられます。

Motozen03

ここには勅命によって木彫りの同じ本尊が残され
「元善光寺」と呼ばれるようになった。
その時、「毎月半ば15日間は必ずこの麻績の古里に帰りきて
衆生を化益せん」というご仏勅が残されます。

Motozen05

それが「善光寺と元善光寺の両方にお詣りしなければ片詣り」と
いわれるゆえんという。

Motozen06
因みにここの戒壇めぐりは無料。

Motozen061
水が飲めるという「手水舎」も珍しい。

こちらは趣味の世界で恐縮ですが^^

Motozen07
境内の片隅に建つ芭蕉句碑。

” うらやまし浮世の北の山桜  芭蕉翁 ” 元禄5年(1692)の吟

ここには”白い花の心字のさつき”がありますが・・・
今はこれ、

Motozen081
Motozen082
雨の中に咲く萩の花。

” 一度詣れよ元善光寺 善光寺だけでは片詣り ”

初めて詣る元善光寺、南信州・飯田の旅でした。

« 雨の妻籠宿 | トップページ | 東海道・街道筋 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元善光寺・飯田市:

« 雨の妻籠宿 | トップページ | 東海道・街道筋 »