2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ならまち | トップページ | 敦賀まつり »

2009年9月 3日 (木)

近江中山芋くらべ祭り

近江日野町中山の野神山で1日に行われた「芋くらべ祭り」です。

中山の東西の集落が神前で里芋の茎の長さを競い合う祭りで、
他にはない天下の奇祭といわれています。

2時間に及ぶ祭りの模様からその一部分を紹介します。

日野町中山にある「熊野神社」、

Imokura001
まずここで神事が行われます。

 Imokura0021 Imokura0022
拝殿に置かれたこの日の祭りに使われる供え物?
神と参加する山若と呼ばれる若衆達との宴の膳でもあります。

 Imokura0031 Imokura0032 
この日の主役、竹に結わえられた東西地区の里芋が
神社に運ばれてきました。

Imokura004
このあと盃の儀、三々九度が行われます。

そして里芋は山若たちに担がれて神社を出ます。

Imokura005
東西の集落がそれぞれに別の道を1キロほど離れた
祭場の野神山に向かいます。

西谷地区の里芋を追っかけました。

Imokura006
どこにででもある日本の原風景?
稲穂の揺れるのどかな道を行きます^^

Imokura007
野神山の祭礼場所に着きました。
前もって準備された祭場は石が敷き詰められています。

ここから長~い祭りが始まります。
神輿に山車が出る祭りが動としたら、この祭りは静の祭です。

東西地区7人ずつの山若と呼ぶ青年たちは、
神に膳を捧げ、拝し、自分達にも膳を配って神とともに
宴をします・・・三々九度の繰り返しがあって、
神の角力へと続いていきますが・・・途中を省きます^^

祭りのハイライト!芋くらべです。

Imokura008
東西どちらが長いか・・・、
「じょうじゃく」といわれるものさしで芋を計る。

その計り方、

 Imokura0091 Imokura0092
東西の三番丈と呼ばれる山若が務めますが、
酔っぱらったような独特の仕草で芋を計っていきます。

 Imokura0101 Imokura0102
最後はお互い相手の芋を計ります。

計り終わって・・・、結果は東の勝!

Imokura011
東西が芋の交換、東が勝てば不作とか。

Imokura012
山若全員が神に拝して神事は終わりました。

800年以上の伝統があるこの祭りは、
素朴な農民の野神を祀る祭りとして日野の中山東西の集落に、
親から子へ、子から孫へと受け継がれています。

« ならまち | トップページ | 敦賀まつり »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江中山芋くらべ祭り:

« ならまち | トップページ | 敦賀まつり »