2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 芙蓉の寺・舎那院 | トップページ | 東海道・宇津ノ谷峠 »

2009年8月27日 (木)

みつくり谷・山室湿原

米原市の山室地区にある「山室湿原」です。

ここにこんな湿原があるとはまったく知りませんでした^^;、
もちろん一般的な観光湿原ではありません。

入口に設置された案内板の裏には、
”心ない人たちによって荒らされ、一時は全滅かと心配されながら
地元の人たちが保全に立ち上がり、多くの人々の協力と善意に
よって復元しつつある今日です。” とあります。

Yamamuro001
その入口にある案内板。

周りは電磁線で囲まれていて、
ここに来るまでに道路に設けられた防護柵があります。

みつくり谷と呼ばれる谷あいにひろがる1.5ヘクタールあまりの
小さな湿原です。

湿原に入ります!いきなりサギソウが迎えてくれました^^

Yamamuro0021
Yamamuro0022
今はこの花がメインです。

一方通行の観察路を行きます。

Yamamuro003
サワギキョウも多く咲いていました。

Yamamuro004
こちらはノギラン、花は終わっています。

そしてミミカキグサですが・・・。

Yamamuro0051
多分、ムラサキミミカキグサだと思いますがまだ蕾?

Yamamuro0052
ボケボケの写真ですが、ミミカキグサです。
もう終りでしょうか遠くにチラチラと見えましたが・・・、
小さくて!撮影泣かせの花です。

小さな湿原が第一から第五湿原まで続いています。
そして一方通行の出口です。

Yamamuro006_2
周回するのではなく半周します。

やはり花は少なくサギソウとサワギキョウの湿原でしたが、
この日は花の代わりにトンボを撮影です^^

Haguro
まずはハグロトンボ。

Miyamaakane
ミヤマアカネ、8月末頃には全体が赤くなるそうですが・・・。

Risuakane
こちらはリスアカネ。

Siokara
シオカラトンボですかね。

Yanma
そして・・・これが分からない!ヤンマ系か、サナエ系か?

開発からまぬがれて貴重な自然が残った「みつくり谷」、
この湿原は米原市の天然記念物に指定されています。

すぐ傍を新幹線が轟音を立てて通過する・・・、
そんな場所にこの湿原はありました。

« 芙蓉の寺・舎那院 | トップページ | 東海道・宇津ノ谷峠 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい自然の宝庫ですね。
秋の野草もこれからですね。
そこは行ける範囲なのでぜひ行ってみたいと思います。
こちらでもトンボはたくさん舞っています。

フデさん
こんな素晴らしい湿原があるとは知らなかったです。

車を止めるのにいささか難がありますが、
人が少なくてゆっくりと自然を観察できます。
載せていませんがシロバナミミカキグサも咲いていました。
トンボ!
ハッチョウトンボも見たかったんですがダメでした。
>自然の宝庫
ほんとに、小さいですが凝縮されています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みつくり谷・山室湿原:

« 芙蓉の寺・舎那院 | トップページ | 東海道・宇津ノ谷峠 »