2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 駒ケ岳千畳敷カール | トップページ | 乗鞍岳で初対面! »

2009年8月11日 (火)

光前寺・信州駒ヶ根

長野県駒ヶ根市、駒ヶ根高原へ行く途中にある「光前寺」です。

正式には「天台宗 別格本山 宝積山光前寺」ですが、
”光ごけ”で知られています。

Kozenji001
金剛力士像が安置されている仁王門。

Kozenji002
仁王門から三門に続く参道の両側にある石垣の石の間に
”光ごけ”が自生しています。

Kozenji003
これがその”光ごけ”。

駒ヶ高原と千畳敷カールには以前にも来ていましたが、
光前寺は初めての訪問でした。

Kozenji004
”光ぎけ”を見ながら参道をくると見事な三門があります。

楼上に十六羅漢が安置されているそうですが、
嘉永元年(1848)の再建、県下では善光寺に次ぐ三門だそうです。

Kozenji005
三門からさらに奥にある本堂。

仁王門から参道を経て三門、本堂へと続く直線上に
配置された伽藍、それをとりまく境内林など境内全体が
光前寺庭園として国の名勝に指定されている。

特に本堂前の庭園は三門と本堂との間の池庭になっています。

 Kozenji0061 Kozenji0062
まさかここでアジサイを撮るとは思いませんでした^^

そして本堂です。

Kozenji007
本尊は不動明王、
他に八大童子をまつる祈願霊場で嘉永4年(1851)の再建。

Kozenji008
そして三重塔。
南信州唯一の三重塔だそうです。

高さ17m、均整のとれた美しい塔ですが、
文化5年(1808)の再建です。

参道を戻って本坊客殿の庭園を拝観です。

    Kozenji009_2
本坊へは見事な杉の巨木の間を行きます。

伊那七福神 弁財天が安置され本坊別院、
そして客殿奥の庭園です。

Kozenji010
正面左手から、

    Kozenji011
左手渡廊下の端からです。

  Kozenji0121_2
    Kozenji0122_2  
客殿の中から・・・。

Kozenji013 
そして右端からです。

”築山泉水庭の庭園、
 前面に池を掘りその奥は自然の傾斜地を築山にみなして
 巨石を建てて庭景の中心としている・・・。
 一説には、阿弥陀仏の極楽浄土より来迎のお姿を表現しようと
 した、極楽浄土の庭園ともいわれています。”

名勝庭園を拝観して境内に戻りました。

Kzenji014
こちらの探勝園ではまだアジサイが見頃でした。

本堂前庭園、本堂回りのヤマアジサイとともに、
暑さを忘れてアジサイ見物!
”光ごけ”ととも「光前寺」の夏のひとときでした。  9日    

« 駒ケ岳千畳敷カール | トップページ | 乗鞍岳で初対面! »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光前寺・信州駒ヶ根:

« 駒ケ岳千畳敷カール | トップページ | 乗鞍岳で初対面! »