2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東海道・宇津ノ谷峠 | トップページ | 東海道・三嶋大社 »

2009年8月29日 (土)

寝物語の里・中山道

街道が続きますがこちらは以前歩いた中山道から、
「寝物語の里」を再訪です。

今須宿と柏原宿の境、
長久寺集落の東の端がその場所です。

Nemonogatari011

写真の石碑に詳しい由来が刻まれています^^

Nemonogatari012_4 
  ※ (クリックで拡大してください)

その近江と美濃の国境です。

Nemonogatari021
Nemonogatari022
標柱は2代目に代わり、初代の基礎石が前に置かれています。

国境はこの左側にある細い溝です。

Nemonogatari03
右が滋賀県(近江)側、左が岐阜県(美濃)側です。

この国境を挟んで建つ旅籠の壁越しに、
旅人たちが寝ながら話をした・・・。

Nemonogatari04
近江側の長久寺集落、
今もべんがら壁の家が残ります。

Nemonogatari05
美濃今須側には石柱だけ、
その集落はここから東に国道を渡った先にあります。

近年この前に立てられた芭蕉関連の碑。

Nemonogatari06 
左に「野ざらし芭蕉道」、右に「おくのほそ道 芭蕉道」。

Nemonogatari07
「野ざらし紀行」には
”やまとより山城を経て、近江路に入りて美濃に至る”とあります。

Nemonogatari08
「おくの細道」で芭蕉が敦賀から大垣にどの道を通ったか?
確かな説はありません。

なにやら芭蕉談義になってしまいましたが><
中山道「寝物語の里」、
最近この周辺を走ることが多く懐かしさもあっての再訪でした。     

« 東海道・宇津ノ谷峠 | トップページ | 東海道・三嶋大社 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

野ざらし芭蕉道 奥の細道芭蕉道 リアルに見せていただいて 感激です。
有り難うございました。

ビズーさん
街道を歩くといろんな旧跡を見ることができます。

芭蕉関連も句碑だけではなく
こうした記念碑や顕彰碑があります。
特に中山道は多いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝物語の里・中山道:

« 東海道・宇津ノ谷峠 | トップページ | 東海道・三嶋大社 »