2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 花はす公園・はすまつり | トップページ | 北国街道・板取宿 »

2009年7月11日 (土)

北国街道(北陸道)今庄宿

南条から敦賀へと国道365号線を走るとすぐに今庄に。

江戸、京から山中、木の芽、栃の木といずれの峠を来ても、
まず最初に投宿するのが今庄宿。
また越前から江戸、京に向かう時、休泊するのもやはり今庄宿と、
ここは北国街道の交通の要衝でした。

Imajyo001
湯尾峠から来る旧街道と北陸線の線路を挟んで建つ
今庄宿の案内板です。

Imajyo002
観光客は少ないものの、
町には今でも当時の様子を偲ぶことができる古い家屋が残ります。

Imajyo003
お札場跡(旧西尾茂左衛門家)、

Imajyo004
京藤甚五郎家の重厚な家は塗籠の外壁と、
赤みの強い越前瓦の屋根の上に卯建が上がります。

Imajyo005
本陣跡、この辺りは宿の中心部になります。

Imajyo006
すぐ前には脇本陣(旧北村新平家)。
この脇本陣は特に加賀の殿様がよく利用したので
加賀本陣とも呼ばれます。

Imajyo007
この今庄宿の西側山頂にあるのが「燧ヶ城跡」。
この観音堂横から城への道があります。

Imajyo008
宿の南出口へと向かいます。

Imajyo009
この稲荷神社辺りが宿の南木戸口でしょうか。

そして道は追分へと入ります。

Imajyo010
旧道は手前の道しるべを右に折れますが・・・、

Imajyo011
道の分岐に立っていた「文政の道しるべ」、
5年前に歩いた時と比べてなにやら立派な場所に移っていました。

道標には「右 京 つるが 己可佐(わかさ) 道 
       左 京 いせ   江戸  道  」 とあります。

右に行けば木の芽峠越で敦賀・若狭への「北陸道」、
左にとれば栃の木峠を越えて木之本への「北国街道」です。

Imajyo012
新しく造られた?小広場には「蓮如ノ道」の石標も。
側面にはあわら市吉崎の吉崎御坊から北陸道を通って上洛、
下向の道のりが道中として記されています。

北国街道「今庄宿」。
新旧合わせて懐かしく思い出しながらの再訪でした。

« 花はす公園・はすまつり | トップページ | 北国街道・板取宿 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北国街道(北陸道)今庄宿:

« 花はす公園・はすまつり | トップページ | 北国街道・板取宿 »