2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 伊雑宮 御田植祭・志摩市 | トップページ | 国史跡 唐子・鍵遺跡 »

2009年6月26日 (金)

伊雑宮 御田植祭・続編

伊雑宮 御田植祭の続き、第2幕です。

勇壮な「竹取神事」が終わったあとは雰囲気が一転!
謡とはやしにあわせて、すげがさに紅白の衣装の早乙女らが
苗を植えていく「御田植神事」が始まります。

Otaue1
Otaue2

雨も上がり暑い日差しが照りつけるなか、
謡とはやし役、早乙女らが御料田に入ります。

Otaue21
御田植の開始です。

Otaue31
Otaue32
Otaue33

小謡にあわせてゆっくりと苗を植えていく早乙女ら・・・。

小謡九番がすむと中休みに。

Otaue4
早乙女らはいったん御料田から出ます。

このあと、若布(わかめ)の引張肴で酒宴、とありますが、
このあたりは遠くでよく分かりません。><

続いてはおくわか、さいわかによる「刺鳥差(さいとりさし)の舞」。

Otaue5
奉仕者全員が御料田に入り整列です。

Otaue61
Otaue62
どちらが”おくわか”か”さいわか”か分かりませんが・・・
その間15分ほどでしょうか。

舞が終わると続いて小謡十番から十八番までを唄い、
二回目の御田植です。

Otaue7
Otaue8
再び御料田に入る早乙女ら。

Otaue9_2
謡とはやしのなか、

  Otaue10_3
    Otaue11
ゆっくり、ゆっくりと苗が植えられていきます・・・。

Otaue12
小謡が十八番まで唄われると御田植神事が終わります。

Otaue13
田道人(たちど)に手を引かれて御料田から出る早乙女、
小学生でしょうか?^^

古来から脈々と受け継がれてきた伝統と歴史の重みを感じる、
伊雑宮 御田植祭(国重要無形文化財)。

祭はこのあと時間をおいて、
ここ御料田から伊雑宮一の鳥居まで練る「踊り込み」が
行われますが、この日はここまでで引き揚げました。

« 伊雑宮 御田植祭・志摩市 | トップページ | 国史跡 唐子・鍵遺跡 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

男性の衣装は、三升に隈どり・・・成田屋ですね~♪なんでだろ??

恵美さん
ほんとだ!さすがに目の付けどころがちがいますねぇ。

ぜんぜん気が付きませんでした><、未熟
これは!?分かりません!宿題ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊雑宮 御田植祭・続編:

« 伊雑宮 御田植祭・志摩市 | トップページ | 国史跡 唐子・鍵遺跡 »