2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 但馬の小京都・出石 | トップページ | 鳥取砂丘 »

2009年5月19日 (火)

余部鉄橋

少し時間を取りすぎた出石町から島根に向かって走る道、
次の目的地は余部鉄橋!
豊岡市を抜けて国道178号線を香住へと向かいます。

香住から10分程、国道178号線の上に架かる鉄橋、
ただいま架けかえ工事中です。

Amarube0011
Amarube0012
香住側に書かれた”さよなら”、”ありがとう”の文字に・・・
余りない?この鉄橋の将来を感じます。^^;

ちょうど香住方面へ(右に)の電車が通過していきました。
何というラッキー!しかし撮るタイミングが悪いわ。><

Amarube002
高さ41.5m、長さは310.7m。

Amarube003
明治45年(1912)完成、当時は東洋一と言われた名橋。

Amarube004
トレッスル式と呼ばれる鋼材をやぐら状に組み上げた橋脚が特徴。

Amarube005
この種の鉄橋では日本一の規模を誇るとか。

Amarube006 Amarube007
鉄橋を渡ると美しい日本海が望めますが・・・手前から。

Amarube008
餘部駅から見る余部鉄橋。

Amarube009
餘部駅、単線のため片側ホーム。
鉄橋完成から遅れること半世紀余り、昭和34年(1959)の開業。

この裏山から鉄橋全体を見渡せる展望台があったようですが、
工事のため閉鎖され通行できません。

で、下からの展望です><

Amarube010
駅から来た道を戻ります。
何度見てもよろしいなぁ。(^^♪

Amarube011
あらためて仰ぎ見る鉄橋。
ここを列車が通るんですねぇ、(当たり前です!)。^^;

自慢じゃないんですが・・・私、
こうして下から高所を仰ぎ見ると何故か体がふらつくんです。
かなり頑張って撮っています。

Amarube012 
Amarube013 
餘部駅に向かう普通列車がトンネルから鉄橋に入りました。
新しい鉄橋の橋脚をすり抜けるように、
普通列車が餘部駅に向かっています。

2010年秋の完成に向けて、
余部鉄橋は架け替えのための橋脚工事が進んでいますが、
この日も鉄橋の下に作られた展望所には、
たくさんの人たちが通過する列車に手を振っていました。

« 但馬の小京都・出石 | トップページ | 鳥取砂丘 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

餘部鉄橋と聞けば、事故があったことを思い出します。
すごく高くて怖そうですね。模型鉄道みたいに見えます。走る列車も模型のよう。
橋脚が架け替えられるのは知りませんでした。
列車で通過してみたいです。

以前 香住にカニを食べに行って 途中 余部の鉄橋を見上げて
ここを 通る電車には 絶対乗りたくない・・・と思いました。
風に煽られて 電車もろとも 墜落したくありません。
ありがとう・さようなら・・・とは知りませんでした。
平成の 鉄橋は どんな形になるのでしょう・・・
駅からトンネルの線路や ホームはあんなになっているのですね!
何も考えずに 乗ったら 日本海の いい眺めに 心地いい事でしょう!

フデ さん
あの事故からすでに23年になります。

悲しい事故でしたが、
この鉄橋の人気は今も凄いですねぇ。
私も鉄橋を列車で通過したことがありませんが、
鉄橋から眺める日本海が綺麗だそうです。^^
     
     
きなこ さん
この鉄橋も来年秋には架け替えられます。

いろんな意味での”ありがとう・さよなら”でしょうが、
平成の橋はコンクリート橋脚、
もちろん強風対策も・・・。
駅も改装されるようですから、
そのときは何も考えずにどうですか・^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余部鉄橋:

« 但馬の小京都・出石 | トップページ | 鳥取砂丘 »