2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 柳生の里・春 | トップページ | 高遠コヒガンサクラ・続編 »

2009年4月12日 (日)

高遠・コヒガンサクラ

長野県伊那市高遠町の高遠城址公園”桜まつり”です。

「天下第一の桜 高遠」がウリですが・・・、
桜以上に有名な道の渋滞にここだけは絶対に行かない!
と決めていました。

それが高速料金1000円の魅力に負けて・・・><
渋滞覚悟の早朝出でしたが、お決まりの渋滞の中で到着です!

Takato001
見える中央アルプス、桜もいいですが山もいいです!
まぁ、トップはこんなところでしょうか?

Takato002
「自分坂」というのがありますが、そこから大手口に入りました。
城址への途中にある「元高遠城楼門」です。

山にこだわりますが・・・まだ手始めです^^

    Takato0031
    Takato0032

旧高遠藩士によって明治8年頃から植え始められたサクラは、
現在1500本だそうです。

    Takato0041
城址の本丸に入る「桜雲橋」と「問屋門」、

Takato005
城址内にある桜は見事な老木で、
まるで1本、1本が傘を開いたようです。

    Takato0042 
「各曲輪」と、空掘りも、かっての城郭を偲ばせます。

Takato006
チョッと遊びで^^・・・。

Takato007
これは城址にたった一本あったしだれ桜、
これも古木で樹齢を感じさせますが何年かは分かりません。

高遠のコヒガンサクラ、この日が満開!
車の渋滞と城址の人の凄さに驚きながらよくもまぁ来たと、><
自分をほめながらほんの一部を速報でした。

このあとは桜のメインどころへ・・・続きます。      11日      

« 柳生の里・春 | トップページ | 高遠コヒガンサクラ・続編 »

お出かけ・桜」カテゴリの記事

コメント

“ 小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ 
緑なす 繁蔞は萌えず 若草も 籍くによしなし ”

信州では日本の桜名勝100選に〔小諸城址懐古園〕も入ってましたナー。
貴重な「コモロヤエベニシダレ」が特に綺麗だとか !

小生にはとても行けそうにありません。
来年はよろしくお願いします。

茶太郎さん
懐古園の「コモロヤエシダレサクラ」はまだこれからでは?

とはいっても今年はやはり無理ですね^^;
遠いですが来年の候補の1つにとメモ。

”千曲川いざよふ波の 岸近き宿にのぼりつ
 濁り酒濁れる飲みて 草枕しばし慰む ”

楽しみがまた1つ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高遠・コヒガンサクラ:

« 柳生の里・春 | トップページ | 高遠コヒガンサクラ・続編 »