2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 桂離宮・そのⅡ | トップページ | 京都大原・寂光院 »

2009年4月19日 (日)

桂離宮・最終回

桂離宮の苑内を参観してきましたがその最終回です。

”桂離宮には真(しん)、(ぎょう)、(そう)の三つの飛石があり、
庭の敷石で長方形の切り石と自然石を組み合わせた延段や
飛石の変化を楽しみつつ・・・”と栞にあります。

そのすばらしい美の世界を見てきましたが、
最後のみどころです。

Katura001_2
西にある芝生庭園から東にかけて書院が続きます。

ほんとは”東から古書院、中書院・・・”となるんですが、
写真を撮った順に載せているため表現が逆にまりました^^

Katura0021_2
正面向かって左(西側)が「新御殿」と「楽器の間」、

Katura0022_2
真ん中に「中書院」、

Katura003_3
そしていちばん右(東側)に「古書院」と雁行形に連なって
立ち並んでいます。

そして「古書院」の二の間の正面には「月見台」があります。

Katura004_2
月を観賞するために広縁から池に突き出すように作られ、

Katura005_3
月見台の前にはご覧のような池の景色が・・・。

ここで池に映る月を見るのか?空に浮かぶ月を見るのか?
なんとも風流なことです。

「古書院」の傍をすり抜けるように進むと右にあるのが「月波楼」。

Katura006_2 
池辺の一段高いところに建つ茶亭で開放的な建物です。

Katura007_2
右手には池を眺めて見晴らしが良く、

Katura008_2
奥の座敷から北を見ると池は見えない趣向だと・・・。

そして、

Katura009_3
そのまま進むと左に書院の玄関、
御輿寄と石段の上にある沓脱、
六人の沓を並べられることから「六つの沓脱」というそうです。

ここは歩きながらの撮影ですぐに中門を出ます。

Katura010_2
垣根越しに見える「月波楼」、

Katura011_2
その屋根の庇の一角に掛かる「月波楼」の扁額です。

これで桂離宮の参観はすべて終わりました。

Katura012_2
参観入り口に戻って来ました・・・、

ちょうど1時間の参観でしたが、初めて見る桂離宮・・・
というより宮家の別荘。

下々の身としてはその壮大な回遊庭園と建物に、
ただただ驚き、見入るばかりでした。^^
 

« 桂離宮・そのⅡ | トップページ | 京都大原・寂光院 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

最終回までじっくり拝見させていただきました。心なくばなかなか拝見できません。
品のいい 優雅な佇まい 庭園と建物の融合 たっぷり堪能しました。
工匠の巧みな技の 結晶を まざまざと 見せつかされたように思います。

ビズーさん
長い記事にお付き合いありがとうございます^^

>工匠の巧みな技の
さすがにお目が高い!まさにそのとおりで、
小堀遠州の影響を受けた工匠、造園師らの技が随所に見られる、
と栞にもあります。
まぁ、優雅すぎてただ感嘆するだけの世界でした。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂離宮・最終回:

« 桂離宮・そのⅡ | トップページ | 京都大原・寂光院 »