2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 専通寺のしだれ桜・岐阜南濃町 | トップページ | カタクリ山にギフチョウが! »

2009年4月 3日 (金)

津島神社と天王川公園

桜だよりも五分咲きから満開と日増しに開花が進んでいますが、
どうやらこの週末がピークになるんでしょうね?

この日の「天王川公園」も桜見物では初めて訪問ですが・・・、
その前にこちら、「津島神社」に参詣です。

Tusima001
公園にはその都度来ていながら何故か訪れていなかったところ。

Tusima002
神社の南門から入ります。
慶長3年(1598)、豊臣秀吉の発病により、
子、秀頼が病気平癒の祈願で寄進したと・・・、県文化財指定。


Tusima0021 
Tusima003 
境内です。
下は本殿拝殿と楼門。

Tusima004
楼門:天正19年(1591)豊臣秀吉の寄進、国重文指定。
間口3間(約5.4m)の一戸建て入母屋造り。
江戸末期までは神社の敷地内にあった神宮寺の門でもあったと、

その神宮寺は

Tusima0041 Tusima0042
神苑を抜けた奥にあります「宝寿院」です。

そして神宮の境内の戻ります。

Tusima005
津島神社の本殿(屋根だけです^^;)、国重文指定。

Tusima007

昔から「天王さま」として親しまれ、
なおりにくい病気を追い払う神様として、
全国の人々から親しまれている神社。
この日もたくさんの参拝者が見えました。

神社からすぐのところにある「天王川公園」。

Tusima008
桜で知られる天王川西堤防、まだ咲き始めから3分咲き?
のようですが・・・。

Tusima009
Tusima010
ここも今週末までには一気に開花するようです。

Tusima011

この公園の東側(写真の左手)には枝垂れ桜もあります。

「天王川公園」、
今は桜ですが、ここは”藤”で有名なところ、
4月下旬からは早くも”藤まつり”が始まります。  4月1日

« 専通寺のしだれ桜・岐阜南濃町 | トップページ | カタクリ山にギフチョウが! »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津島神社と天王川公園:

« 専通寺のしだれ桜・岐阜南濃町 | トップページ | カタクリ山にギフチョウが! »