2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 岡崎公園・五万石ふじ | トップページ | 神照山廣泰寺 »

2009年4月24日 (金)

大江寺藤まつり

三重県伊勢市二見町江にあります「大江寺(たいこうじ)」。

この地区では藤の名所として知られていますが、
23日から”藤まつり”が始まりました・・・初訪問です。

Daikoji001
山門(仁王門)に掛かる額は弘法大師の直筆と伝えられる。

Daikoji002
Daikoji003
天平(729~748年)に行基が創建した真言宗の由緒ある寺で、
本尊の先手観音菩薩(国重文)は鎌倉時代の作とされる。

参道を行くと藤の小鉢が要所にあり、

Daikoji004 
Daikoji005 
本堂前に置かれた藤は可憐に花房を落としています。

藤棚はユースホステルの傍にあり紫と白の2種類、
紫の藤は130年前に盆栽から地植えしたと伝えられるそうです。

Daikoji006
見頃でした。

Daikoji007
Daikoji008
凄い!と言うほどの藤棚ではありませんが、
寺の規模からみてもこじんまりとまとまった藤棚です。

Daikoji009
Daikoji010
白と紫の色合いが調和して、
これはこれで一味違った藤でした。

ここには「二見シーパラダイス」、
「夫婦岩」などの観光スポットが隣接する地でもあります。

二見町江、

Daikoji011_2
すぐ傍にある「神前岬(こうざきみさき)」です。

何十年も前から知っていながら、訪れることがなかったところ。
有名な観光地の傍にありながら・・・、
「大江寺」はこの日もひっそりと佇んでいました。   23日

« 岡崎公園・五万石ふじ | トップページ | 神照山廣泰寺 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

何度も藤の花を見に行きましたが随分昔のことなので
懐かしく拝見しました。
ところで冒頭の紹介では「大江寺(だいこうじ)」とありますが、
実家がお寺の近くの家内が申すには地元では「太江寺(たいこうじ)」と
呼んでいたようだとのことですが…。

それからもう一つ、小生の以前からの些細な疑問ですが
空海は[弘法大使]? [弘法大師]?
好好爺さんは(大使)ですが空海所縁のお寺の案内を見ても
(大使)、(大師) が半々です。
どちらが正しいのか、それともどちらでもいいのか?
また寝られません。(≧д≦)

茶太郎さん
いつもいつものご指摘ありがとうございます。

>「太江寺(たいこうじ)」
こちらが正解です。^^;
また弘法大使も自分的には大師が正解ですね><
変換ミスです^^;
遅まきながら本文を訂正させてもらいました。
名称には注意をしているんですが、
こういうミスはお恥ずかしい限りです。(反省!)
雨で出かけず、早目のチェックで助かりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大江寺藤まつり:

« 岡崎公園・五万石ふじ | トップページ | 神照山廣泰寺 »