2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高遠・コヒガンサクラ | トップページ | 木曽三川公園チューリップ祭 »

2009年4月13日 (月)

高遠コヒガンサクラ・続編

高遠城址のコヒガンサクラ、その続編です。

上空からの写真で見るとまるで桜の森のようですが、
城址内に入るとその様子がよく分かります。

Takato001
「桜雲橋」を渡ったところから振り返っています。

Takato002
「問屋門」を入ったところにある”コヒガンサクラモニュメント”、
とにかく城址を覆いつくす桜、さくら、サクラです!

ここから城址内を回って行きます。

    Takato0031
    Takato0032
「太鼓櫓」と空掘に沿って咲く桜。

Takato004
城址を回っていくとどうしても中央アルプスが気になります!^^
ちょうど中央に見える三つの山頂の右端が「木曽駒ケ岳」です。

戦略的に造られたという各曲輪から見る桜と雪の山々、
ビューポイントでは皆さんがカメラを向けていました(自分も^^;)。

    Takato0051
    Takato0052_2
上は曲輪を繋ぐ「白兎橋」を空掘から見たところ。
そしていちばん南面にある曲輪から見る中央アルプスです。

桜に戻ります。^^
「二の丸」と「本丸」の間にある空掘に降りました。

    Takato0061
    Takato0062
振り返って「桜雲橋」と「問屋門」です。

Takato007
この空堀の中には何故か池?がありました。

Takato008
Takato0081
ほぼ城址内を回り終えました!
深い堀から見上げる桜も圧巻です。

最後は桜とは違いますが春の野の花、

Takato009_2
本丸北の土手に咲く「キクザキイチゲ」の群生、
こんなところで見るとは思わなかったですが可憐です!

「天下第一の桜」といわれる”タカトオコヒガンサクラ”。
延々と続く車、遅々と進まぬ渋滞を見ながら帰って来ましたが、
人をここまで魅了する桜かどうかは行ってのお楽しみです。

« 高遠・コヒガンサクラ | トップページ | 木曽三川公園チューリップ祭 »

お出かけ・桜」カテゴリの記事

コメント

高遠の桜
今年は見に行こうと思い
それなりに行程を考えていましたが
思いのほか信州の開花が早くって
もう満開になってしまっているのですね
来週くらいを考えていたのですけど
これは残念
好々爺さんの写真で今年はガマンとなりそうです

さくら さくら さくら ・・・・
アルプス と さくら・・・
白いお山に 真っ青な空 さくら色に うめつくされて なんと 清々しい桜なのでしょう

遠く離れた 下々の者には なかなか見られる桜ではございません。 

雪だるまさん
今年は開花も早く満開になるのも早かったようです。

仰るように例年なら中旬以降のようですが、
たまたま決めていた日に満開でラッキーでした。

>今年はガマンとなりそうです
山ばかりの写真ですみません(笑)
しかし城址の桜はやはり見事でした。
     
     
ビズーさん
桜もサクラですが、人も人です(笑)

上ばかり見ていると人を踏みつけそうで・・・、冗談です^^;
桜を見に行って冠雪のアルプスばかり気にしていました。
残念ながら散策はしませんでしたが、
高遠の町もいいところです。

素晴らしいですね。遠くに雪山、すぐ目の前に見事なサクラと言う組み合わせがすごいです。

しかし本当に信州も開花が早くなりましたね。
以前五月連休始めに中央高速を通って帰郷していたとき、駒ヶ根SAなどのサクラが満開だったのを覚えています。
サクラも種類によっては遅いのもありますが・・・。

フデさん
高台にある高遠城址からのサクラと雪山の眺めは実にいいです。

城址の西側を歩くとサクラの枝振りで少しづつ景色が変わります。
雪山とサクラでかなり時間を費やしてしまいました^^;
今年は高遠以外でも開花が早まっているみたいですから、
信州はまだこれから・・・とはいかないようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高遠コヒガンサクラ・続編:

« 高遠・コヒガンサクラ | トップページ | 木曽三川公園チューリップ祭 »