2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日野ひなまつり紀行 | トップページ | 松阪まちなかお雛さま祭り »

2009年2月 9日 (月)

名張八日戎とまちかど散策

三重県名張市「蛭子神社」の「八日戎」本祭です。

本祭といっても催事は7日の宵宮ですべて終了、><
この日は参詣だけで何もありません。

Nabari0011
Nabari0012
しかし神社の外から境内にずらりと参詣者の列が続きます。

Nabari002
Nabari003
こちらは福笹ならぬ、
ネコヤナギの枝に鯛や千両箱をつけた縁起物の「吉兆」です。

露店が並ぶ「初瀬(はせ)街道」。

Nabari004
縁日の風景ですが、
この界隈から先の街道筋には旧家が見られます。

この蔵元もその一つ、

 Nabari0041_2 Nabari0042_2 
杉玉がかかり、白壁にむしこ窓。

そして中町石の鳥居前にあります「伊賀まちかど博物館」の
”はなびし庵(角田酒店)”です。

Nabari005
ここも、築170年という旧家の町家ですが、
店内の座敷では「縁起絵展」が開かれていました。

こちらは店の片隅に飾られていたお雛さんです。

Nabari006
「御殿雛」、屋根のない源氏枠飾りですが、
幕末から明治初期のものとあります。とすれば珍しいもの!

Nabari007
江戸時代後期の「立雛」。
壁に掛けられていましたが?傷まなければいいんですが。

         Nabari008
丸型と飾り紐の付いたこれも珍しい大正時代の「掛け雛」。
ここは来るたびにいろんなものを拝見させていただけます。

この後、家の前を通る「初瀬街道」を散策しました。

Nabari0091
形の違う格子に白漆喰のむしこ窓。

Nabari0092 
Nabari0093
外側の柵は駒寄(こまよせ)、
そして同じ家のむしこ窓?というより、むしこ格子ですね?

Nabari0094
そして土蔵ですが、これも海鼠壁でしょうか?
普通は斜め菱に塗られる漆喰が、こちらは縦横です。

以前の祭りで山車を追っかけた名張の初瀬街道。
この日は八日戎に来たんですが・・・、
どちらかといえば”まちかど散策”になってしまいました。

« 日野ひなまつり紀行 | トップページ | 松阪まちなかお雛さま祭り »

まちかど散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/44005071

この記事へのトラックバック一覧です: 名張八日戎とまちかど散策:

« 日野ひなまつり紀行 | トップページ | 松阪まちなかお雛さま祭り »