2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 若狭たかはま・ひなまつり | トップページ | 月ヶ瀬梅林・開花速報 »

2009年2月22日 (日)

伊賀上野城下町のおひなさん

雛めぐりが続きますが今日は三重県伊賀市の
「伊賀上野・城下町のおひなさん」です。

ここも初訪問でしたが、
今年は三重県の雛めぐりキャンペーン「美し国三重ひな街道」で、
阿下喜、津・大門、伊賀上野、松阪まちなか、おかげ横丁、そして
二見のお雛さまをめぐるスタンプラリーが実施中!

Igaueno001
偉大な我が師(もちろん嘘です^^;)芭蕉像が建つ上野市駅前。
芭蕉の故郷ですね~。

Igaueno002 
ひなまつり会場は本町通りの商店街、
各店舗や個人宅にお雛さんが飾られています。

まずは目に付いたところから、

Igaueno003
      Igaueno004_2
木目込み立雛2つです。
新しいですがやはり独特の雰囲気があります。^^;

こちらは御殿飾りを2つ、

 Igaueno005_2 Igaueno006 
ともに屋根のない源氏枠飾りですが年代ものです。
ただ、 左の飾りは御殿とお雛さまが別でございます。><

 Igaueno007 Igaueno008
メイン会場にある部屋に飾られた段飾りと、右は傘福だそうです。

初めてお目にかかる飾りですが、
”ひな飾りの副飾りの一つで発祥は中国の八吉祥と考えられる”
と解説にありました。

こちらは個人のお宅にあった陶雛。

Igaueno009
お話によると100年前のものとか、エッ、明治末期のものです。

そしてこちら、 

  Igaueno0102_3Igaueno0101 
      Igaueno011_2
天冠、烏帽子のない古今雛と紙立雛です。

解説はありませんでしたが、
古今雛は顔立ちから大正末期か昭和初期ではないかと?
紙立雛は???勉強不足です。^^;

追い打ちです!

Igaueno012
”雛萬歳”だそうですが書かれた解説の句に・・・。
”やまざとは まんざい遅し 梅の花” ばせを
さすが伊賀上野、芭蕉生誕の地のひなまつりです。^^;

そして究極のこれ、

  Igaueno0131Igaueno0132
江戸後期、1800年代の古今雛です。
さすが城下町伊賀上野のお雛さま、
老舗のお店に飾られていた古雛に見惚れました。

しかし最後はこれです。

Igaueno014
てまり雛?
現代の織物を駆使したお雛さんでしょうか?・・・。

さすがに城下町伊賀上野です。
ここにも素晴らしいお雛さまがたくさんありました。   

« 若狭たかはま・ひなまつり | トップページ | 月ヶ瀬梅林・開花速報 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀上野城下町のおひなさん:

« 若狭たかはま・ひなまつり | トップページ | 月ヶ瀬梅林・開花速報 »