2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 松阪まちなかお雛さま祭り | トップページ | 日永梅林と南部丘陵公園 »

2009年2月11日 (水)

今尾の左義長・海津市

岐阜県海津市平田町今尾の秋葉神社で行われた
「今尾の左義長」(岐阜県重要無形文化財)です。

”火を崇め火伏せを祈願する”神事として旧正月に行われ、
400年の歴史を持つ”天下の奇祭”という。

Imao001
祭りが行われる「秋葉神社」、ここは本社「今尾神社」の御旅所。

その「今尾神社」に向いましたが、
すでに道筋には町内の竹神輿が集結していました。

Imao002
写真が多くなります^^;サムネイルを多用します。

 Imao0031_2 Imao0032
神社への道に並ぶ竹神輿、
前年の神宮大麻や、今尾神社、秋葉神社の神札が結び付けられ、
日の丸や五色の旗、書初めの和合楽、自福円満楽、
家内長久と大書した旗が立てられています。

戻る頃からすでに「秋葉神社」への担ぎ込みが始まっていました。

Imao004
揃いの長襦袢に白足袋姿、派手な化粧の若衆が神輿を担ぎます。

今尾地区13町内のうち、今年は12地区から親・子みこし
17基だそうです。


 Imao0051 Imao0052
その宮元の万町の神輿が境内に入りました。

Imao006
まず朝からのどんど焼きの灰除けがされます。

Imao007
そして境内での神輿の練り回しです。

Imao008 
この後、神事があって神職から神前の忌火が若衆の持つ藁に、
そして神輿に火が移されます。

    Imao0091_2
    Imao0092
火は想像以上の速さで燃え上がりました。

    Imao010
あっという間にこの炎、これは凄いです!

    Imao0111
    Imao0112
火花が飛び散り、
燃えさかる炎と煙の中を若衆が駆け回ります。

    Imao0113_2
燃えさかる神輿は
七分通り燃えたところで、
今年の恵方の方へ倒されました。

この後、きれいに灰除けされた境内に、
残り地区の竹神輿が次々と繰り込み左義長は続きます。

Imao012
次の俵町の左義長を見たところで引き上げです。

「今尾の左義長」、小さな町に伝わる伝統の神事。
また一つ、凄いまつりを見せてもらいました。

« 松阪まちなかお雛さま祭り | トップページ | 日永梅林と南部丘陵公園 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

カンテン、まぁまぁおいしゅうございましたね(笑)^^
懐かしい味だと言われました。
炭になった竹をもらってきたか?屋根に放り上げとくと火事防止になるんだぞ、と、
しつこく(笑)いわれました。
同じ話は現場で、近くのおっちゃんが言ってました。
昔は競って取ったもんだが今じゃだぁれも取りにいかんなぁ、と(笑)。

恵美さん
カンテン、スルッと口に!なんともいえない味わいでした。^^;

このまつりに詳しい人ですね~。
竹炭になるまではチト時間がかかります。
それこそ網と餅持参で、
餅が焼きあがった後ですかね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今尾の左義長・海津市:

« 松阪まちなかお雛さま祭り | トップページ | 日永梅林と南部丘陵公園 »