2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 家康ゆかりの寺社めぐり | トップページ | 松平郷・松平氏発祥の地 »

2009年1月24日 (土)

奥殿陣屋・岡崎市

岡崎市の北、豊田市に接する奥殿町にある「奥殿陣屋」。

持統天皇が命名されたと伝えられる花ぞの山(村積山)の麓、
徳川発祥の地松平郷に程近いところ。

Jinnya001

宝永4年(1707)大給(おぎゅう)松平第4代乗真(のりざね)の時、
大給(豊田市)からこの地に陣屋を移して奥殿藩が誕生。

Jinnya002

かっては表御殿、書院をはじめ33棟が建ち並んでいたという。

    Jinnya0031 Jinnya0032 
Jinnya004
現在の書院は昭和60年(1985)、
竜渓院庫裏となっていた書院を現在地に移し復元されたもの。

  Jinnya0051_2
     Jinnya0052_2
冬です!ガラス戸越しに見る「蓬莱の庭」。

 Jinnya0061_2 Jinnya0062 
古図にある池庭をモデルに、
江戸時代の作風を生かした蓬莱の庭として復元されています。
写真右の奥の建物はお食事処「金鳳亭」。

Jinnya007
書院を右手に見て「金鳳亭」への道。

Jinnya008
蓬莱庭の上部にあるもう一つの池庭。

Jinnya009

築山全体が杉苔で覆われ、見事な美しさを醸し出しています。

Jinnya010
一回りして書院奥から・・・。

    Jinnya011_2
「金鳳亭」から見下ろす「蓬莱の庭」。

ここはまた花園の里でもあります。

Jinnya012
陣屋脇にはバラ園、紫陽花、萩など、
四季折々に花が咲く!特に4~5月が見頃とのこと。

”座して、静。味わいて、想。四季折々、色彩万花、趣深し。
いにしえの夢景色、岡崎に奥殿陣屋あり” パンフから・・・。
  

« 家康ゆかりの寺社めぐり | トップページ | 松平郷・松平氏発祥の地 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

確かにいいとこでしたね!

hhyt1552さん
コメントありがとうございます。

知られざるスポット?ではないと思いますが、
いいところでした。
花の季節にもう一度とも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥殿陣屋・岡崎市:

« 家康ゆかりの寺社めぐり | トップページ | 松平郷・松平氏発祥の地 »