2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大縣神社・犬山市 | トップページ | 樹氷は今・御在所岳 »

2009年1月 4日 (日)

日本モンキーパーク

犬山市にあります「日本モンキーパーク」です。
この日はもちろん遊園地ではありません、
「世界サル類動物園」でした。

Monkey01

始まりました当園の「冬の名物詩・たき火に当たるサルたち」です。
少し時間が早かったんですが人気があります!
場所はモンキーバレイ。

Monkey02

この谷に住むサルは鹿児島県・屋久島に生息するニホンザルの
亜種だそうでヤクニホンザル、普通のニホンザルよりやや小柄。

Monkey0011
Monkey0012

昭和34年の伊勢湾台風で倒れた木を燃やしたところ
サルたちが集まってきたそうです。

Monkey002
Monkey003

毎年冬になるとテレビや新聞で話題になり、
一度は見てみたいと思っていたんですが・・・ご覧のとうりです。

たき火にあたるおサルも飽きないんですが、
ここのサルは見物人が投げる餌を見事にキャッチします。

 Monkey005 Monkey006 
手を叩いて餌を投げろと要求します。
投げると見事にキャッチ!見事なもんですが、
落とすとすかさず下にいるおサルが拾います。
楽しいもんです。

サル園で珍しい(私的に)おサルさんを撮ってみました。

Monkey007
ボリビヤリスザルです。
リスザルの島には14頭がいるとか。

Monkey008
トクモンキー(オナガザル科)。
トク(トーク)とはふちなしの帽子のことだそうで、
頭の毛は頭頂部から放射状に生えています。

Monkey009
ワオキツネサル。
鼻が突き出て、尻尾は白黒のしま模様が特徴。

そして最後はこれ、

 Monkey0101 Monkey0102
テナガ・クモザル。

別に曲芸をしている訳ではないんですが、
係員の方がこのサルの説明をするために下から餌を投げて、
その餌を捕るための仕草でサルの特徴を説明してくれます。

初めて訪れました「日本モンキーパーク」。
結構一人で楽しんでしまいました。

« 大縣神社・犬山市 | トップページ | 樹氷は今・御在所岳 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

笑えますね〜 
心が ゆるみ ます!
初笑いで ごザル!

ビズーさん
楽しいですよ~。

ほんのひとときですが心が温まりました。
おサルを見ていてサルがたき、
いえ、去りがたきひとときでした。^^;


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本モンキーパーク:

« 大縣神社・犬山市 | トップページ | 樹氷は今・御在所岳 »