2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 丈山苑・安城市 | トップページ | 大府市北部公園めぐり »

2009年1月13日 (火)

丈山苑・回遊式池泉庭園

「丈山苑」の詩泉閣の玄関横から東に回り込みますと、
もう一つの庭園、回遊式池泉庭園があります。

Teien001
乙女椿ですね~。
庭園への入口に咲いていましたのでチョッと添え物で。

Teien002

”カ~ン”と響く猪おどしの音を聞きながら道を行きます。

静寂の中でときおり聞こえるこの音は詩仙堂にもありますね~。
いや、喧騒の詩仙堂に・・・もですか?

Teien003

池に水、なら橋は当然ですか、橋の右手に池があるんですが・・・。
橋を渡るとこの風景です!

    Teien0041
正面に見える東屋(四阿)を結ぶところが
ちょうど庭園の中央ですが右の池が入っていません。

    Teien0042

その中央から右手(南側)の池です。

ここから左回りに見て行きます。

    Teien0043
そして北側からほぼ池の全容です。

    Teien0044
最奥(東側)から西の詩泉閣を見ています。

ここから左手に行くと道は二手に分かれます。

Teien005
といっても裏道は関係ないんでしょうね。
当然両方行きましたが・・・。

そしてこの傍らにあるのが、

Teien006
石川丈山翁像です。

回遊式です、池を回ります。

Teien007
中央の四阿から見た庭です。
東本願寺渉成園(枳穀邸)をイメージした庭園。

「丈山苑」の庭園は紹介した三つの庭園を組み合わせた
本格的な庭園になっています。

    Teien0081
    Teien0082
ぐるりと池を回って来ました。
こちらが南側から見た庭園です。

漢詩人、書家、そして煎茶の開祖ともいわれ、
作庭家でもあった石川丈山。

Teien009

洛北一乗寺に詩仙堂を開き、風雅を楽しみ詩作に遊ぶ、
そんな悠々自適の文人としての生涯を送りながら・・・
なを、望郷の念を抱き90歳の天寿を全うする。

そんな丈山の風雅な世界を楽しんだ「丈山苑」でした。    

« 丈山苑・安城市 | トップページ | 大府市北部公園めぐり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

詩仙閣から見る庭園の眺めもいいですが、
回遊式の庭園はまた規模が大きく、見事なものですね。
池端にある茅葺の四阿がまた、なんともいい雰囲気を
醸し出してくれています。
もの静かな冬の庭園、訪れてみたくなりました。

Rio さん
この回遊式庭園、大きくてほんとに回遊しました。

特にこれっていうものがないんですが、
茅葺の四阿というのがミソでしょうかね。
この日はほんとに静かでした。
これが普通かどうかは分かりませんが?
芝枯れもあって冬の庭園の雰囲気は十分です。
ぜひ、訪ねてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丈山苑・回遊式池泉庭園:

« 丈山苑・安城市 | トップページ | 大府市北部公園めぐり »