2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 竹島・蒲郡市 | トップページ | ひなまつり展・知多市 »

2009年1月31日 (土)

海辺の文学記念館

竹島から戻ってきますと橋から正面に見えます鳥居、
ここも「八百富神社」?何か変な感じでしたが遥拝所でした。

正面?へと回ります、

Gamagori001
なるほど、拝殿?からみえる竹島橋と竹島、
それにしても立派な遥拝所です。

この左手横にあるなにやら気になる洋館!

Gamagori002 

入口にあるブロンズ像のお尻の下には「常盤苑」と。

Gamagori003
海辺に佇む洋館と庭園につられて見学です。
案内には「海辺の文学記念館」とあります。

明治末期に竹島の対岸に建てられた料亭「常盤館」、
一時期取り壊しになったものの、常盤館にまつわる文化的、
歴史的価値を少しでもよみがえらそうと、市内にあった明治
の建物を同じ地に模倣復元したものだそうです。

Gamagori004
入って案内されたのは左手にある第二展示室。
「がまごおり絵手紙大賞」入賞作品が展示されています。

そして第一展示室。

 Gamagori0051_2 Gamagori0052
常盤館・竹島にかかわる文学作品や
常盤館関連資料(パンフレット・調度品)が展示されています。

Gamagori006 
奥にあります和室。

常盤館の客室で使われていた調度品が置かれていますが、
ここからの眺めも素晴らしいものです。

暖房のためガラス戸越しになりますが、

Gamagori007
庭園越しに見る竹島。

Gamagori008
そして裏手に広がる庭園です。

”海の眺めは蒲郡”と鉄道唱歌に歌われた景勝地・・・、
その鉄道唱歌30番です。

”豊橋おりて乗る汽車は これぞ豊川稲荷道
東海道にてすぐれたる 海のながめは蒲郡” でした。^^; 

« 竹島・蒲郡市 | トップページ | ひなまつり展・知多市 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海辺の文学記念館:

« 竹島・蒲郡市 | トップページ | ひなまつり展・知多市 »