2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 松平郷・松平氏発祥の地 | トップページ | 滝山東照宮・岡崎市 »

2009年1月26日 (月)

豊田市民芸館

豊田市を流れる矢作川のほとり、
自然環境豊かな平戸橋公園の一角にある「豊田市民芸館」。

Mingei001
Mingei002
こちらはその第1民芸館。
「衣」をテーマに筒描きや着物などの民芸品のほか、
円空仏を常設展示。
常設企画は「器の民芸 日本の美Ⅰ」(~3月1日まで)。

この民芸館の裏手と横にある井上西洋館と登り窯です。

 Mingei0031 Mingei0032 
市内で明治時代の洋風建築の様式を残した唯一の建造物と、
市内に所在した古窯で、ともに移築、復元されたもの。

ここには第1民芸館から第2、第3民芸館があり、
短い散策路が各館を繋ぎます。

第2民芸館の横にある茶房「勘桜亭」。

Mingei004_2
立席茶房で呈茶もいただけますがこの日はありませんでした。

そして第2民芸館です。

Mingei005 
「食」のテーマ館として、陶磁器、漆器、
ガラス製の食器類などを展示。
企画展は「民芸品の中のくるま」(~3月1日まで)。

Mingei006
入口に置かれていたのはダイハツミゼットでした!
懐かしい~~~。

Mingei007
Mingei008

庭園を見るような散策路を楽しみながら館をめぐります。

最後は第3民芸館。

Mingei009
Mingei010
一番新しい建物で往時の田舎屋を再現して造られ、
「住」をテーマにいろりや日本間など館全体が常設展示に。
企画展は「舞い上がる和凧展」(1月25日終了しました) 

Mingei011
Mingei012
企画展示室の様子と、
展示されていた全国の凧25点から佐久凧「源義経」です。

Mingei013

この先、第3民芸館から散策路は市民の野外活動施設
「平戸橋いこいの広場」へと続きます。

「豊田市民芸館」。
想像していた以上に自然に囲まれたところ・・・、
そして素晴らしい施設でした。 

« 松平郷・松平氏発祥の地 | トップページ | 滝山東照宮・岡崎市 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊田市民芸館:

« 松平郷・松平氏発祥の地 | トップページ | 滝山東照宮・岡崎市 »