2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 羽豆岬と羽豆神社 | トップページ | 大紀町錦漁港 »

2008年12月14日 (日)

浄瑠璃姫伝説を歩く

朝からの雨も上がり天気が回復、
連日の忘年会で残ったアルコールを抜こうと歩きに出ました。

何か目的がなくてはと、向ったのは愛知県の岡崎市です。
岡崎観光協会のおすすめコース、
歩く岡崎観光 文化百選めぐり「浄瑠璃姫伝説コース」
~矢作の里で出会った義経と浄瑠璃姫 悲しい恋の物語~です。

まずは名鉄東岡崎駅から東へ。

     Okazaki001_2
六所神社の参道入口にあります「高宮神社」。
この石碑の礎石は義経が姫の形見の麝香を埋めたとされる
麝香塚に使われていた石だと・・・。

この先の「六所神社」へは見事な松並木の参道を行きます。

Okazaki002
まぁ、凄い山門、拝殿も見事なものでしたが浄瑠璃姫には
関係なく安産の神様です。

この後は安心院、

Okazaki003 
義経が姫の菩提を弔うために建てたという
妙大寺が始まりといわれます。

そして成就院

 Okazaki004 Okazaki0041
ここも姫の菩提を弔うために創建されたという・・・
その姫の墓(右)は裏の墓所の中にありました。

この墓の裏?にあるのが「浄瑠璃ケ淵」です。

  Okazaki005_2 Okazaki006 
瑠璃姫が菅生川(乙川)のこのあたりで身を投げたという。

ところで浄瑠璃姫伝説、
源義経が奥州平泉に落延びる途中、
矢作の里に訪れ兼高長者の家に宿をとります。
聞こえてくる浄瑠璃姫の琴の音に思わず持っていた笛で
吹き合わせ・・・いつしか二人の間に愛が芽生えます。

                   Okazaki009
川を挟んだ対岸にある「本願寺三河別院」の本堂横のある碑、
姫が観月の宴に興じたところだとか。

ここからコースは旧東海道伝馬町通りへ、

Okazaki010
この通りは道の左右にこのようなオブジェが並びます。
有名な「岡崎城下七曲」の旧道です。

そして「浄瑠璃寺」、

Okazaki011
義経と浄瑠璃姫の画像が残されているそうですが、
それは見ることができませんでした。

Okazaki012
そして岡崎公園大手門の南側にある「浄瑠璃姫供養塔」です。
手前に大きな「初代 市川団蔵碑」があります。

浄瑠璃姫伝説、
二人の間に芽生えた愛、しかし義経は奥州に旅立たねばならず、
姫に形見として名笛「薄墨」を渡し矢作を去ります。
義経を思う心が日毎に募る姫は悲しみのあまり菅生川に身を
投じて短い人生を終えます。

Okazaki013

岡崎城天守閣、
この近くに浄瑠璃姫の幽居地があると・・・
だが探しても分かりませんでした。

ここから矢作橋へ、
橋の手前で再び東海道に合流します。

そしてそのまま旧道を行き最後は誓願寺、

         Okazaki014
旧道沿いにある十王堂、その前に建つ石塔です。
台石にあります文字、
”義経像 志やうる里ごぜん像 并く 石塔” と。

開いていた門から保育園の中へ・・・
遊具の傍にあった浄瑠璃姫の墓所です。

Okazaki015

姫の親である兼高長者は、身を投げた浄瑠璃姫をここに葬り、
十王堂を建てました。
また、義経と浄瑠璃姫の木像を作り、薄墨の笛、姫の鏡とともに
安置したとされているそうです。

以前、恵美さんの「酔うて候」で紹介された「浄瑠璃姫伝説」
いつかはと思いながら・・・遅まきながら歩いてきました。

« 羽豆岬と羽豆神社 | トップページ | 大紀町錦漁港 »

趣味・歩く」カテゴリの記事

コメント

恐縮です。リンクありがとうございます!
・・・全部歩かれたのですか?!!さすが健脚ですね。
私は矢作橋~東岡崎は電車で往復しましたけどね(笑)。
初代團蔵とは、どんな縁なのでしょう???

恵美さん
全部回りましたが距離的にはそんなにありませんよ。

岡崎公園も日曜日だというのにえらく人が少なく、
チョッとばかり拍子抜けでした。(笑)
>初代團蔵とは、どんな縁なのでしょう???
裏の碑文では
”初代團蔵は三河国額田郡の出生で、
この年は(昭和18年です)260年に相当、
それを記念して当所に碑を建つ”とありました。
銘は八世市川團蔵、何が関係あるんでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浄瑠璃姫伝説を歩く:

« 羽豆岬と羽豆神社 | トップページ | 大紀町錦漁港 »