2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 西国33観音霊場・長命寺 | トップページ | 志摩マリンランド »

2008年12月18日 (木)

人間国宝・江里佐代子展

三重県三重群菰野町のパラミラミュージアム。
開催中の「江里佐代子展~華麗なる截金(きりかね)の世界~」
に行って来ました。

残念ながら写真はこの「江里佐代子展」はすべて禁止です。

ポスターもままならず使いましたのがこの葉書です。
何とも厳しい撮影制限でしたが、


     Paramita001

しかしこれは初めて知りました・・・、凄い世界です!

こんな截金(きりかね)の世界を見たのはもちろん初めてですが、
なんといっても江里佐代子若くして人間国宝、素晴らしいものです。
(昨年フランスにて死去、享年62歳)。

言葉でしか表現できませんが・・・これがまた難しい。
会場で見た177点のその作品に思わず息きを飲みました。

繊細なその細工、ビデオを見ていて思わず頭が痛くなりましたが、
それほど巧妙な作業の作品が並びます。
ご主人は現在の仏師、その木彫りの仏像に施された截金も
凄いものでした。
じっくりとその作品を味わいながら写真を載せられないのが・・・。

で、話は変わりまして、
一階のエントランス部にありましたこちらの仏像。

Paramita006

長快作 長谷寺式十一面観音像(鎌倉時代)とあります。

         Paramita002
平成二十年、新たに発見された仏像、
それがこの十一面観音像。

説明文にはいろいろありますが、
快慶作の長谷寺本尊像と同御衣木の本尊縮尺像から、

         Pict0004
仏師快慶の高弟、長快の作だと。
なやら凄いもののようですが、ここは撮影ができました。
これだけでも垂涎のものです。

御在所岳の麓にある「パラミタミュージアム」。

截金(きりかね)の世界と、
発見された見事な観音像を堪能させてもらいました。

« 西国33観音霊場・長命寺 | トップページ | 志摩マリンランド »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/43448918

この記事へのトラックバック一覧です: 人間国宝・江里佐代子展:

« 西国33観音霊場・長命寺 | トップページ | 志摩マリンランド »