2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 冬の風物詩2つ | トップページ | 松阪市森林公園 »

2008年12月23日 (火)

追儺のまつり

今年もいろんなまつりを見てきましたが、
最後を飾るまつりは「追儺(ついな)のまつり」でした。

三重県明和町「斎宮いつきのみや歴史体験館」であった
「追儺のまつり」、
初めて知りましたが今回は第10回目だそうです。

「追儺」。
平安時代の宮中で行なわれていた大晦日の行事だそうで。

Tuina001 

古代の儺(な)のまつりでは、陰陽師が”鬼”を追い払う祭文を読み、
方相氏が楯と矛を打ち鳴らしながら侲子(しんし)を従い、
貴族たちが桃の木の弓で矢を射て、見えない鬼を追い出す・・・。

  Tuina003 Tuina004

その儀式がここ「いつきのみや歴史体験館で」再現されていました。

Tuina005

儀式の後の練り歩きです。

 Tuina006 Tuina007

陰陽師、方相氏、侲子と共に、いつきのみや歴史体験館から
斎宮跡ロマン広場まで練り歩きます。

Tuina008 
Tuina009

大晦日の宮中の夜の行事を昼間に再現です。
このお練がこのまつりのハイライトでしょうかね。

Tuina010

練り歩きが終って陰陽師、他の皆さんもホッと一息ですかね?

Tuina011

そして最後は「けじめの弓矢」として、
簡単な弓矢で畑に立てられた鬼の的を射ます。

Tuina012

これが結構難しいようで・・・皆さん四苦八苦でした!

Tuina013

第10回 「追儺のまつり」。

ここ、「いつきのみや歴史体験館」で生まれた手作りのまつりです。
まだ10年?もう10年ですか?
さて、どちらが正しいか知れませんが・・・、
我が身には初めて知った貴重な手作りの”まつり”でした。

« 冬の風物詩2つ | トップページ | 松阪市森林公園 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追儺のまつり:

« 冬の風物詩2つ | トップページ | 松阪市森林公園 »