2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブルーボネット・秋 | トップページ | 祖父江善光寺東海別院 »

2008年11月 6日 (木)

粉河寺追想

以前、紀州に道成寺と根来寺を訪ねましたが・・・
その帰り道にあった西国33ケ所・第3番霊場の「粉河寺」、
残念ながらその時は寄れませんでしたが、
5年前に西国33ケ所めぐりで訪れています。

懐かしいその写真を引張り出しました。

Kokawa001

JR粉河駅から北に歩いて15分ほどでこの大門に着きます。
和歌山県では高野山、根来寺に次ぐ大きな門(重文)です。

カメラもコンデジで撮っていますが・・・ひどい写真です!^^;
このときは霊場めぐりが主で先を急ぎ写真が少ないんですが、

大門から本坊への途中にあった?仏足石。

Kokawa006

そして本坊、念仏堂、太子堂などを見て行くと中門(重文)です。
Kokawa003

天保3年(1832)の建立とされ四天王が配置されています。
くぐって進むと本堂が見えます。

Kokawa002 
Kokawa004

本堂ですが・・・今見るとひどい写真ですねぇ!><;

享保5年(1720)に再建されたといわれる建物。
本尊は千手千眼観世音菩薩。

Kokawa005

そして本堂の石段左手にある「粉河寺庭園(国名勝)」、
桃山時代の石庭です。

ところで、ここには牧水の歌碑とともに芭蕉の句碑があります。

Kokawa007

”ひとつぬきて うしろにおひぬ ころもがへ”
貞享5年(1688)「笈の小文」での吟で、
本文では”きみ井寺”のあとに”衣更”として載っています。

今日は出かける予定もなく、
思い出したように載せました「粉河寺」でした。

« ブルーボネット・秋 | トップページ | 祖父江善光寺東海別院 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/43031355

この記事へのトラックバック一覧です: 粉河寺追想:

« ブルーボネット・秋 | トップページ | 祖父江善光寺東海別院 »