2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 詩仙堂 | トップページ | 豊公まつり・長浜市 »

2008年10月11日 (土)

米原曳山まつり

雨上がりの秋晴れになりました。
秋の彩も感じられる日ですが秋まつりもたけなわです。

迷いましたがやはりここに・・・。

Hikiyama1

もうすぐ紅葉の便りも聞かれるなかで、
黄葉の色ずきはじめた米原市の「曳山まつりです。

今年は旭山組の「仮名手本忠臣蔵・一力茶屋の場」と
松翁山組「一の谷嫩軍記二段目・須磨の浦組討の段」でした。

その極め付きの場をと思いつつどれが?ですが、
まずは旭山組「仮名手本忠臣蔵」から。

Hikiyama2

まずは三番叟です。

そして本題「一力茶屋の場」に入ります。

Hikiyama3

今日も祇園の一力茶屋で遊興三昧の日々を送っている
塩谷家の国家老大星由良之助のもとに、
嫡子力弥が密書を届けにきます。

Hikiyama4

物語は長くなります・・・ハイライトです!
由良乃助が読むその文を二階からは軽が、そして縁の下からは
斧久太夫が盗み見します。

Hikiyama5

由良之助は文を読まれたお軽を抹殺するため身請けをしようと。
そこへ軽の兄、寺岡平右衛門が現れ、
お軽の父や夫勘平の死を語ります・・・。

    Hikiyama6

昨年もそうでしたが、宵宮は見物客が少ないんですかね~、
いい演技なんですが。

Hikiyama7

兄の平右衛門は手紙を読んだお軽を殺してそれを功に
仇討の仲間に入れてもらおうとしますが、

Hikiyama9

その忠誠心を知った由良之助は軽に九太夫を討たせ、
平右衛門を一味に加えます。
血判状を押し頂く平右衛門・・・そして大団円となります。

チョウ端折りで紹介しました。

そして午後からは「一の谷嫩軍記・二段目 須磨の浦組討の段」。
平家の公達無冠太夫敦盛と、熊谷次郎直実の一騎打ち。

あまりにも有名な物語で曳山でも華と哀しみがありますが・・・、
今回はほんのさわりだけ。

Hikiyama10
Hikiyama11

敦盛と直実の一騎打ちの場面。
本来は馬上にての組討を舞踊形式で見せてくれました。

相手が敦盛と知った直実と、組敷かれた敦盛の葛藤の場面、
そして敦盛を討ちます。
とても子供歌舞伎とは思えないほどの迫力です。

Hikiyama12

そして現れた瀕死の玉織姫がこの世の別れに敦盛の首を
抱かせて欲しいと懇願、直実は目が見えぬと知り姫にその首
(本当は我が子小次郎の首です)を渡します。

見えぬ目で敦盛の首を抱く玉織姫の演技も見事でした。

今年もまた素晴らしい演技を楽しませてもらいましたが、
米原曳山まつり、13日まで行なわれています。

« 詩仙堂 | トップページ | 豊公まつり・長浜市 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

米原でも、こんなステキな子ども歌舞伎が!
全然知りませんでした。
熱演を見てみたいです。

きみこさん
すべて小学生ですがまさに熱演です。

ここと、長浜曳山だけは昨年見てからまた見たいと・・・。
素人にも歌舞伎が勉強(好き)になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米原曳山まつり:

» こんにちは [スパイス&ハーブ]
フレッシュなハーブで健康的な生活を。ピリッと辛いスパイスで刺激的な生活を! おいしいカレー情報もあります♪ [続きを読む]

« 詩仙堂 | トップページ | 豊公まつり・長浜市 »