2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブルーメの丘・コスモス | トップページ | 祭りのまつり・伊勢市 »

2008年10月16日 (木)

初穂曳・外宮領陸曳

”祭りのまつり”が行われている伊勢市です。

伊勢神宮神嘗奉祝祭の初穂曳(外宮領陸曳)が行なわれました。
神宮のお正月とも位置づけられている一年で一番大きな、
そして意義深い祭儀です。      10月15日

一日遅れですが、その初穂曳の外宮領陸曳です。

初穂を奉納する奉曳車は四車、

Ise001 
Ise002

その一番車は皇學館大学の生徒200人が曳きます。
何かおとなしいですね~、”エンヤ!”のお兄さんの激が飛びます!

二番車は子供たちです。

Ise003

大学のお兄さんお姉さんと違って元気ですよ!
”木遣り”も見事です。

Ise004
Ise005_2

二人の女の子の”エンヤ、エンヤ”の掛け声が凄いです!

その後の三番車は町衆。
少し人出が足りなかったようで飛び入りもOK!でしたが、

Ise006

そこはさすがに慣れたもので”木遣り”3本の後出発です。

Ise007

いきなり練っての押し合いです。
左右から中央に集まりもみ合いまた左右に離れます。

Ise008

少し進んでは”木遣り”が入ります。

Ise009

そして熊野街道(伊勢南島線)は南宮町交差点の曲がりです。
ここの曲がり方も見どころですが、

Ise010
Ise011

凄い木が燃えるような臭いを出して曲がりました。

すぐにまた練り(もみ合い)です。

Ise012

さすがにこの練りをやっているのはこの町衆だけ。
陸曳きを経験している人だけに心得たものです。

そして最後の四番車は全国から参加の特別神領民です。

Ise013

揃いの法被と奉祝のはちまきで初穂を曳きます。

神様への新穀奉納。
勇ましい木遣り唄とエンヤの掛け声が響きます。

町衆の三番車が外宮北御門にやって来ました。

Ise014
Ise015

最後の北御門への曳き入れです。

Ise016
Ise017

無事に曳き入れが終わり全員が万歳三唱、
この後参加者全員が本宮に参拝しましす。

食の神様・外宮へと初穂を奉納する初穂曳、
16日は内宮への川曳もあって伊勢はまつり一色でした。

« ブルーメの丘・コスモス | トップページ | 祭りのまつり・伊勢市 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初穂曳・外宮領陸曳:

« ブルーメの丘・コスモス | トップページ | 祭りのまつり・伊勢市 »