2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 道成寺 | トップページ | 根来寺・本坊名勝庭園 »

2008年10月21日 (火)

根来寺

和歌山でもう一つ、どうしても訪ねてみたいところがありました。

岩出市根来にあります「根来寺」です。
桜と紅葉の名所で時期的には外れていますが
帰り道です、立寄りました。

Negoro001
Negoro002

駐車場から境内に向かうと朱塗りの橋と大傳法院への階段
ありますが参拝順路は左へと指示です。

進みますと

Negoro003

光明真言殿です。

境内案内図を見ると正式?にははるか西南に大門があり、
そこから参拝の矢印が・・・。

境内から県道を横断して500mほど行きます。

Negoroji0041

その大門です。
根来一山の総門(仁王門)で嘉永3年(1850)に再建。

ここから参道が延びて左右に愛染院、蓮華院、律乗院、
など塔頭が建ち並びます。

Negoro005

その一つ、蓮華院です。
門前のしだれ桜は詩歌に詠まれた有名な古木だとか。

県道の先に延びる参道を戻ります。

Negoro006
Negoro007

参道の石段を登ると鐘楼門。

Negoro008

光明殿の横には行者堂、そして浄土池に浮かぶ聖天堂が
あります。

この後本坊と名勝庭園を拝観したんですが、
先に境内の建物を巡ります。

Negoro013

駐車場の方に戻ると左に奥の院への参道、
開創された覚鑁(かくばん)上人(興教大師)の御廟所でした。

そして根来寺の中心となる場所、

Negoro009
Negoro014

国宝大塔と大傳法堂が並び、左手前に太子堂です。

     Negoro010
Negoro012

強大な根来僧兵を恐れた秀吉による、
天正13年(1585)の根来攻めによってわずかな寺院を残し
大半が焼失してしまった・・・と。
(大塔の一部にはそのときの弾痕の跡が残っています)。
そのため大塔と太子堂以外の現在の建物は、
江戸時代に紀州徳川家の庇護のもとに復興されたものです。

大傳法堂は根来寺の本堂で文政10年(1827)に再建、
本尊は大日如来です。

広大な敷地の中の建物を拝観しましたが、
最後に駐車場に戻る途中にあった不動堂です。

Negoro015

「三国一のきりもみ不動」として有名な不動尊が本尊。

本当は正面(右建物)からの写真でしょうが、
県下に遺存例の少ない八角円堂として貴重な建物だそうで、
敢えてこちら側からその建物です。

「根来寺」、
国宝大塔以外の大門・光明真言殿・大伝法堂・不動堂は
県指定建造物、根来寺庭園は国指定名勝。
次はその本坊庭園です。

« 道成寺 | トップページ | 根来寺・本坊名勝庭園 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根来寺:

« 道成寺 | トップページ | 根来寺・本坊名勝庭園 »