2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 天下の奇祭・石取祭 | トップページ | 伊吹山・夏続編 »

2008年8月 4日 (月)

伊吹山・夏

伊吹山のシモツケソウもそろそろ見頃ではないかと・・・
休み明けの月曜日、人も少なかろうと出かけてみました。

ゲートで料金を払ったら、”霧が出ていますから注意して!”
ん?夏の霧、いつものことなんでそのままドライブウエイへ。

山頂駐車場について霧にも驚いたんですが、

Ibuki1

人の多さに唖然!何と暇人の(自分が一番暇人^^;)多いことかと、
あきれ返って一瞬、霧のことを忘れたほどです。

今日の霧は濃く、これはもう長時間の待機を覚悟して
いつものように西遊歩道に入りました。

Ibuki2
Ibuki3

いつもは霧が出ていても変り目が早いんですが、
今日の霧はかなりのものでしばらくは視界も不良です。

仕方なくゆっくりと時間稼ぎで写真を撮っていきます。

登山道への分岐する手前辺りから少し霧の流れが速くなって、
視界もときおり好くなり始めます。

Ibuki4
Ibuki5

しかし変り目が速くなってはいるものの、
あっという間に霧の中!の繰り返しが続きます。

Ibuki6

午前中はまずダメだと覚悟して今日の予定を変更、
伊吹山だけに絞り込みました。
何時もは山の後どこかに出かけます・・・。^^;

山頂(1377m)の日本武尊像です。

Ibuki7

5月に愛しのひいなと来て以来で何か懐かしい!
写真を撮るのはさて?ん十年ぶりか。

やはり霧は晴れません!

Ibuki8

折角のお花畑、シモツケソウもときおり霧が晴れると
綺麗なんですがこればかりは。

とりあえず一旦下りてまた戻ることにしました。
長くなりますので続きは次回に。

ただ、あまりにも辛い写真ばかりなのでこの一枚。

Ibuki9

霧にむせぶ、いえ濡れるミヤマコアザミです。
伊吹山特産、ノアザミの変種で石灰岩地で分化したものです。

次回は東遊歩道を下り中央遊歩道を上り返します。
その後登山道を下りて西遊歩道に合流するコースです。
霧の回復にご期待を!

« 天下の奇祭・石取祭 | トップページ | 伊吹山・夏続編 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

伊吹山
雪だるまが訪れるときも
いつも入口で、霧が...って言われています

晴天だと嬉しいのですが
標高が低い分、涼を求めるなら霧のほうがありがたいと思ったりと
本当はどっちが良いのかな?

今年は未だ登っていない伊吹山
花畑を撮りに出掛けてみようかなって
好々爺さんの記事を拝見して思いました

こうして見ると、ヤマトタケルが捕らえられているような・・・。

雪だるまさん
伊吹の夏の霧は珍しくないんですが・・・。

この日は晴れるのに時間がかかりました。
山頂で4時間の滞在は初めてでした。
この時期は多少暑くても晴れたほうがいいですね。
シモツケもいいんですが、
秋のイブキトリカブトもまた魅力で・・・困ります。(笑)
      
      
ひいな、よく見てくれました!(笑)
ここに来るとどうしてもヤマトタケルが・・・。
困ったもんです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹山・夏:

« 天下の奇祭・石取祭 | トップページ | 伊吹山・夏続編 »