2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 伊吹花図鑑・ジョイ伊吹 | トップページ | 青山リゾートハーブガーデン »

2008年7月 3日 (木)

大豊神社・京都市

少し古くなりましたが「夏越大祓え」(6月30日)の朝に、
「大豊(おおとよ)神社」(京都市左京区鹿ケ谷)を訪れました。

おなじみの哲学の道から大豊橋を少し入った所にあります。
四季の花が見られる神社ですが・・・。

Otoyo001

この日の目的はこちら、順番に見て行きます。

まずは手水舎、これが「椿ケ峰の御神水」です。

Otoyo002

あの「城南宮」の手水舎もそうでしたがここも湧水でしょうか。

Otoyo006
こじんまりとした本殿、
元々は後ろにある椿ケ峰をご神体とした椿ケ峰神社だったとか。
少彦名命(スクナヒコナノミコト)、応神天皇、菅原道真公が
合祀されています・・・と、まぁここまでは普通の神社です。

本殿の向かって左側にありますこちら。

Otoyo003
Otoyo005 Otoyo004
向かって右に「日吉社」、左に「愛宕社」の小さな社、
その前にあるのが「狛鳶」と「狛猿」でした。

そして本殿右にある「大国社」です。

Otoyo007
Otoyo009 Otoyo008
縁結びの神・大国主命(オオクニヌシノミコト)を祀ります。

その前に鎮座するのが「狛鼠」です。
何で狛鼠かと言えば・・・やはり「古事記」の話、神話の世界です。

超簡単に言ってしまえば、”大国主命が野原に放たれた火によって
逃げ場を失い絶体絶命に!
その時鼠が現れて救われる・・・” というもの、でネズミです。

こじんまりとした神社ですが、なんともユーモラスな「狛鳶」、「狛猿」
そして「狛鼠」の鎮座する「大豊神社」でした。

またこの「日吉社」に続く参道(細い道ですが)には椿の木が
たくさん植えられていて椿の名所でもあるようです。

こちらはオマケです。

Otoyo010

帰り道で見たサボテンの花?
もちろん民家の軒先にある鉢物でしたがびっくりです、 
こんな咲き方もあるんですね。

« 伊吹花図鑑・ジョイ伊吹 | トップページ | 青山リゾートハーブガーデン »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大豊神社・京都市:

« 伊吹花図鑑・ジョイ伊吹 | トップページ | 青山リゾートハーブガーデン »