2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 芭蕉更科紀行・続信濃路 | トップページ | 芭蕉更科紀行・善光寺 »

2008年6月 4日 (水)

北国街道・海野宿

予報どうり朝から雨。     6月3日
この日は芭蕉更科紀行最後の北国街道から善光寺詣ででしたが、
雨の場合は日程を繰り上げこちらを先にと決めていました。

その予定していたところに寄り道です。


Unno001
北国街道(善光寺街道)の海野宿(東御市)です。

しなの電鉄「田中駅」から北国街道に入り、
海野宿を歩いて大屋駅までの短いミニ街道歩きです。

Unno002

真直ぐに延びる650mの宿場町。
眺めるとまさに江戸時代の宿場がここにありました。

Unno003

町中を流れる用水路に柳の並木。

東信濃随一の豪族・海野氏の城下町でもあった「海野」、
今なおその町の様子が色濃く残ります。

Unno004
白壁の袖卯建が上がる町家、

Unno005

まさに静寂のなかの美しい家並みに歴史を感じますが、
この静かさは雨のせいでしょうか?・・・、とにかく静かでした。

Unno006
Unno007
二階の出格子にみるこの地特有の美しい海野格子。

Unno008
重厚な白壁造りの卯建と町家。

Unno009

旧本陣の碑がありましたが、その長屋門と海野格子の窓。


Unno010

わずかな知識のなかで訪れました北国街道・海野宿。
雨のなかでしたが大満足のミニ街道歩きでした。

この後芭蕉更科紀行の締めくくり、長野は善光寺へと向かいます。

« 芭蕉更科紀行・続信濃路 | トップページ | 芭蕉更科紀行・善光寺 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

海野宿、十年以上前に行ったことがあります。
車で北佐久方面へ行く途中でした。
当時も人が少なく、川が流れていたのを覚えています。
善光寺は二回行ったことがあります。
当時、長野駅舎はお寺のような建物でしたが、今はどうなったのか気になります。

フデさん
以前コメントを頂くまでここを知りませんでした。

今回の計画で北国街道を調べていて知ったんですが、
東信濃の北国街道では屈指の宿場町だと思います。
素晴らしいところでした!感謝です。
>長野駅舎はお寺のような建物
新幹線が開通してからでしょうか?
今は近代的な駅ビルになっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北国街道・海野宿:

« 芭蕉更科紀行・続信濃路 | トップページ | 芭蕉更科紀行・善光寺 »