2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 葵祭・斎王代列の女官たち | トップページ | 松阪撫子どんな花?祭りⅡ »

2008年5月18日 (日)

松阪撫子どんな花?祭りⅠ

花木に季節の移ろいを感じても、年の巡りは感じないんですが・・・。
この花を見るともうそんな時期なんだと思ってしまいます。

日本を代表する超!有名な祭りの後は、
超ローカルな手作りの祭りですが、その前にチョッと寄り道を。

Nadesiko0011
松阪撫子(伊勢撫子ですがここでは松阪撫子です)。
あれから一年たちました~~♪。

Nadesiko001
使い廻しのようなこの旗、
昨年は強風に吹きさらされていましたがその名残りが見えます。

花を見にお城近くの公民館に行きます。

Nadesiko003

途中で逢った祭りの行列に参加する舞踊団の娘さんたち、
しっかりとポーズをとってくれました。

Nadesiko002
今年は少し花が細い(小さい)かなとも思いましたが、
昨年のあのぼさぼさの花を思い出しました。

Nadesiko004
これぐらいが本来の松阪撫子なんでしょうね?
縮れた花弁が特徴です。

Nadesiko006
Nadesiko007
花にもいろいろとあって色もさまざまですが、
実物を見ると申し訳ないんですがこんなに綺麗?じゃありません。

これらはそれなりに選んだ花たちです。

Nadesiko008
まぁ、普通はこんなもんで、
とても花とは思えないほどグシャグシャです。
でも綺麗ですかね。

Nadesiko81
撫子の鉢が並ぶ展示会場、
松阪三珍花保存会の方々が保存に努力されています。

ひとしきり花を楽しんだあと祭りの会場に向かいました。

Nadesiko009
撫子と着物。

そうなんです、昨年も載せましたが、この祭りのハイライトが
”なでしこ姫振袖道中”なんです。
その道中前のひととき、着物姿の参加者を追っかけです。

Nadesiko010
二代目の”ミズなでしこ姫”(ミスじゃないのがミソで)。

Nadesiko011
初代の”ミズなでし子”(右)と今年の”ミズなでし子”です。
昨年は撫子らしい衣装で登場でしたが今年は着物でした。
後ろでは振袖道中の先頭の参加者がすでにスタンバイ。

Nadesiko012
この祭りの主役ではありませんが主賓です。
主役は公募された振袖道中参加の180名のなでし子たちです。

昨年とは違った道筋のパレードになって、
チョッと趣がなくなった感は否めませんでしたが、
その分参加者が多くなって艶やかさが増しました。

このあと本番の振袖道中がスタートします。     5月17日

« 葵祭・斎王代列の女官たち | トップページ | 松阪撫子どんな花?祭りⅡ »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

松坂撫子?
なんともヘニャヘニャして奇妙な花ですね。
カラスウリの花みたいでもあるし・・・
初代撫子さんは、暑さに頭をやられたんでしょうか?
別嬪さんなのに、髪の毛が・・・似合ってないし・・・

Iga さん
>ヘニャヘニャして奇妙な花
このヒゲもじゃの垂れた花弁がウリなんですわ。

そういえばカラスウリ、ありましたね~。
あれは花とレース状の飾りがはっきりしていますが、
こちらは花弁の先が直接レース状に切れ込んでいるので、
花が小さいとチョッと見苦しいんですねぇ。
ところで初代撫子嬢、
もちろんキャラのために作られた衣装で、
松阪撫子に合わせてと考えたんでしょうが。(笑)
なるほどいわれてみると・・・、しかし別嬪ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松阪撫子どんな花?祭りⅠ:

« 葵祭・斎王代列の女官たち | トップページ | 松阪撫子どんな花?祭りⅡ »