2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ほんしゃくなげの群落・鎌掛 | トップページ | 花垣の八重桜・伊賀市 »

2008年5月 2日 (金)

熱田神宮舞楽神事

舞楽神事というなんとも我が身には不似合いなお誘いでしたが、
浅く、広~い知識と教養を身上とする爺にこれはまた良い機会と
いそいそと熱田神宮にお供です。    5月1日

Bugaku1
本来なら神楽殿前に特設された朱塗りの欄干付き高舞台で
行なわれるところなんですが、
只今神楽殿が改築工事中で代わって祈祷殿長床での開催でした。

「舞楽神事の解説」なるものをもらって速読ですが、
本年の奉奏曲目は9曲、長くなりますが順番に一挙ご紹介です。

”舞楽を奉でるときは、国家の安泰・雅音成就を祈り、舞台を
祓い清めるためにまず最初にこの曲を舞います
”。

”・・・・・” は神事目録の解説から引用しています。


振 鉾 (えんぶ)

Bugaku2
Bugaku21
上が左方(さかた)の舞人・下が右方(うかた)の舞人ですが、
ちなみに左方・右方とは曲を奏する楽器(笙や篳篥)の種類で
左・右に大分類されていてその曲で舞人が舞います。
(こんな簡単な説明でいいんかしらん?)^^;

萬 歳 楽 (まんざいらく)・左方四人舞

Manzai
”舞振りは、かろやかなリズムと、あでやかさの中に
荘重と典雅を極めています”。


舞と併せて舞振りを説明するのが本来ですが、
舞についはまだ理解できていませんので省かせてもらいます。^^;


延 喜 楽 (えんぎらく)・右方四人舞

Engi
”舞振りは、・・・柳の枝に風がそよ吹くごとく穏やかで、
荘重さを感じさせます”。


喜 春 楽 (きしゅんらく)・左方四人舞

Kisyun
”舞振りは、総体的に落ち着いた優雅なものですが、
輪を作って舞台を一周する軽快な面もあります”。


敷 手 (しきて)・右方四人舞

Sikite
”舞振りは、華麗で・・・・・袖を翻しながら輪を作って舞台を
一周して舞う姿は、まことに趣があります”。


「別曲」 胡 蝶 (こちょう)・右方四人舞

Kotyo1
Kotyo12
”舞振りは、あたかも蝶が花園に舞いたわむれる様を
あらわすような、可憐な童舞です”。


還 城 楽 (げんじょうらく)・左方一人舞

Genjyo
”舞振りは、蛇を見つけ喜悦し、その周りを太鼓のリズムにのって
廻り、やがてはその蛇を取り上げるという、すこぶる勇壮活発な
さまを呈しています”。


これは長かったですが(・・・ように感じた?)見応えがある
大作?でした。

抜 頭 (ばとう)・右方一人舞

Bato
”舞振りは、髪を振り乱し、同じ手振りを幾度も繰り返す活発な
もので、一種凄愴な感を抱かせます”。


長 慶 子 (ちょうげいし)

Sou
最後は舞はなく曲だけです。

”舞楽の退出音声(まかでおんじょう)として奏でられるのが
慣例の楽曲で・・・・・曲調のよく整った優雅で格式のある名曲です”
と解説にありました。 写真はこの曲とは関係ありません)^^;

以上9曲を「熱田神宮舞楽神事の解説」から舞振りの部分を
一部引用して紹介しました。

朝の10:30から15:00まで、4時間30分の長汀場でしたが、
絢爛優美の世界に時間は関係ありません!
あっという間の!?ひとときでした。 

« ほんしゃくなげの群落・鎌掛 | トップページ | 花垣の八重桜・伊賀市 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

すばらしい!!リンクさせていただきます。
カードリーダーが未だ買いに行けず vv とほほです。
それにしても・・・還城楽の左手のものは何だ?(笑)

恵美さん
舞楽神事、素晴らしかったです。

>リンクさせて
嬉しいです!
どうまとめようかと思案の挙句、
解説の引用で済ませてしまいました。^^;
>還城楽の左手のものは
これはもう一枚写真が必要だったかも?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱田神宮舞楽神事:

« ほんしゃくなげの群落・鎌掛 | トップページ | 花垣の八重桜・伊賀市 »