2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 葵祭巡行 | トップページ | 松阪撫子どんな花?祭りⅠ »

2008年5月17日 (土)

葵祭・斎王代列の女官たち

せっかく行った葵祭!行列の写真だけではあまりに能がない。
かと言って、これが能あるとは思わないですが・・・。

斎王代列を彩る華麗なる女官たちです。

Aoi1
と言ってもこれは警備にあたる皇宮警察の騎馬警官、
もちろん女性ですから女警官・女官です。^^;

女官にはいろんな名前がありまして、
命婦(みょうぶ)というのが総称だそうですがこちらは高級女官、
花傘をさしかけるとあります。

 Myobu1_2 Myoubu2
  (面倒ですがクリックしていただければ少し大きくなります。)

 Myoubu3 Myoubu4

他にも食事をつかさどる女嬬(にょじゅ)や、
物品、会計をつかさどる蔵人所の、雅楽を演奏する文官で、
蔵人所陪従(くらうどどころべいしゅう)と呼ばれる女官もいて。

Jyokan1

 Jyokan2 Jyokan3
このあたりはどれがどれやらさっぱり分かりませんが、
衣装は煌びやかでございます。

そしてこちらが駒女(むなのりおんな)。
何でむなのりうまのりならまだ分かりますが・・・^^;

Munanori1
斎王付きの清浄な巫女(みかんこ)で、騎馬で参向するので
その名があると、これはやはりうまのりおんなですな~。

Munanori2
Munanori3 
しかし格好が良いですね~。
これがほんとに馬子にも衣装!?なんて・・・。大汗

Munanori4
あんちょこには6騎の女丈夫とあるんですが、
なぜか2騎を忘れてきたようです。
写真から探すのが面倒なのでとりあえず4騎の女丈夫で・・・。

葵祭。
雅や絢爛豪華の言葉が当てはまるかどうか?
それは見た人に任せるとしてまた一つ京都の祭りを体験しました。  

« 葵祭巡行 | トップページ | 松阪撫子どんな花?祭りⅠ »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葵祭・斎王代列の女官たち:

« 葵祭巡行 | トップページ | 松阪撫子どんな花?祭りⅠ »