2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 美濃和紙あかりアート館 | トップページ | 長浜城歴史博物館のお雛様 »

2008年2月17日 (日)

足助・中馬のお雛さま

今年も「中馬のおひなさん」めぐりで、豊田市足助町です。
いつもながら撮った写真は多かったんですが・・・。

とりあえずは「足助交流館」のひな壇から。

Asuke

やはり今年も里親の足助町に徳島勝浦町から来ている
お雛さまたちです。

  AsukedAsukeh
その中から選びましたのはごく平凡なこの内裏雛とお雛様でした。

そして町なかからはこんなお雛さんを。

Asuke032
昨年は載せなかった土雛ですが、
なんとなく楽しい表情に惹かれました。

しかし古いお雛様にはつい見入ってしまいます。

しまいますが、何故か選んだお雛様は昨年と同じもの。
な~んてことになりましたがやはりこれは押さえて。

  Kyouho_s4Kyouhos4d
昨年は全体の写真を載せたんですが今年はアップでどうぞ。

昭和4年の享保雛とありまして昨年はそのまま書きましたが、
今年はちょっと一行加えます。
まだ勉強中で自信はないんですが、昭和初期の享保雛は珍しく
この時代はほとんどが古今雛なんですね~。

まぁそれはいいとして、その姫の天冠です。

Tenkan
比較的綺麗に保存されています。
何の雛でもいいんですが、こういうのを見るとうれしいですねぇ。

  TaisyouTaisyoud
撮影の都合上横からですが、こちらは大正7年の古今雛。

そして比較するわけではありませんが、

  AsukesAsukesh
最新の親王飾りです。
さすが現代版、素敵なカップルでございます。

Turusi
吊るしに、御殿飾りに、飾り雛と賑やかでございます。

「足助中馬のおひなさん」。
いろんな飾りがありますが、ここは本当に開放的で
自由に見せてもらえて雛めぐりを満喫できます。

Asuke048
飾り方もいろいろ楽しめて・・・。

Asukemoti
演出も効いています。

Asukemati
中馬街道の宿場に残る町並みゆえ、風情もあります。
こういう場所の飾りを見ますとたまりません。

Nekoyanagi
少しは春の息吹を感じたいと・・・、足助の山村に見たネコヤナギ。

時間とともに寒くなってきましたが、
今年は寒さも何の、愛しい”ひいな”と一緒で気持ちはホット!
楽しい「中馬の雛めぐり」でした.。(しかし正直寒かったわ!)

« 美濃和紙あかりアート館 | トップページ | 長浜城歴史博物館のお雛様 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

大変お世話になりました!楽しゅうございました♪
やはり写真が大きいと迫力がありますね~(写真のサイズは重要です)。
お風邪は召しませなんだかえ?

恵美さん
ご心配身にしみます。

これしきのことで風邪などひいたら面目ありませぬ。
お雛さんの写真を少なくして町なかの様子を入れました。
昨年は写真が小さかったので反省、今年から大きくしています。

写真!落とし穴が・・・これはまたいずれ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足助・中馬のお雛さま:

» 中馬のおひなさんレビュー記事ピックアップ('08/02/17〜'08/02/23) [足助.TV]
▼中馬のおひなさんはにぎわっています。(ガラス工芸家篠崎の活動状況) http://blogs.ya... [続きを読む]

« 美濃和紙あかりアート館 | トップページ | 長浜城歴史博物館のお雛様 »