2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雪の彦根城博物館 | トップページ | 京都嵯峨おたぎねんぶつじ »

2008年2月11日 (月)

彦根城から玄宮園

博物館を出ると雪はますますひどくなっていましたが、
ここまで来たらお城から玄宮園は行かないと。

表坂を登って「天秤櫓」ですがご覧のとおりの積雪です。

Siro01

「太鼓門櫓」をくぐって天守閣前広場に出ました。

Siro02
三層白亜の天守閣も雪に霞んでいます。
青空の雪景色なら素晴らしいと思うんですが・・・
ちょっと?

Siro03
このあと西ノ丸の「三重櫓」を見て石段を下り、
黒門から「玄宮園」へと向かいます。

その「玄宮園」、
ただいま環境保護のため池の水が抜かれて天日干しの最中で、
水の変わりに雪の湖面でございます。

Genkyuen
七間橋からの眺めですが少々雪が降りすぎで・・・。

定番のお城の眺めもご覧のとおり。

 Genkyuen1 Genkyuen2
左の写真、臨池閣の真上にありますお城も雪のなかです。
そのアップですが・・・さすがにこれではお手上げです。

とはいえ、あまり撮る機会のない雪の「玄宮園」です、
載せているのは少ないですが一応見所は押さえております。

 Genkyuen31 Genkyuen41
魚躍沼(ぎょやくしょう)と呼ばれる池を回っていきます。
左は鶴鳴渚(かくめいなぎさ)の端っぽと龍臥橋の眺めで、
右はその龍臥橋から見た鶴鳴渚です。

湖面に水は無くとも、これはまたこれで風情があってよろしい!

最後の高橋を渡って茶席・鳳翔台に出ます。

Genkyuen10

これで一周しました。
ここで一服いただくもよし・・・ですが、この日は退散です。

遊んでる場合ではなかったんですが・・・。

Siro10

戻る途中で炬燵舟(お濠めぐり)の乗り場にあった手作りの
雪だるま・・・、係りの人が「ひこにゃん」人形を並べてくれます。

駐車場に戻ったら雪に埋もれる車の雪下ろし。

翌日知りましたがこの日の彦根は積雪5センチ、えっそんなもん!?
ちなみに名古屋は13センチだったそうです。

« 雪の彦根城博物館 | トップページ | 京都嵯峨おたぎねんぶつじ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

先日のコメントに対するお答え
そうなんですか
全く知りませんでした
雛人形には全く疎くて申し訳ありませんでした

玄宮園の雪景色
とても幻想的な風景が広がりますよね

最後の雪だるまとひこにゃん
なんかとっても愛らしくて
GOOD!

雪だるまさん
「つるし飾り」ありましたらまた載せますね。

雪の玄宮園、これだけ降られますと撮るのに苦労します。
まるでモノクロの世界でした。

>雪だるまとひこにゃん
可愛い雪だるまに思わずカメラを向けたんですが、
ちょっと作為的になってしまいました。(笑)

>GOOD!
ありがとうございます。

好々爺さん、お久しぶりです。
フデです。
彦根へはしょっちゅう行っておりますが、雪がめったに降りません。滋賀県の北部なので雪が多いところだと思っていたのに・・・なので彦根城と玄宮園の雪を見て感動しました。この連休は彦根に行けなかったのですが、そんなに降ったなら行きたかったですね。
ひこにゃんかわいい!家にももっと太ったのがいます。いろいろな種類があるようですね。
お雛様の写真、とても楽しく拝見しています。
すごいたくさんのお雛様写真が嬉しいです。

フデさん
こちらこそご無沙汰です。

この日の雪はほんとに思わぬタイミングでした。
こんな機会がなかったらとても彦根城の雪景色は撮れません。
ラッキーでした。

お雛さんめぐり、続きますから覗いてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彦根城から玄宮園:

« 雪の彦根城博物館 | トップページ | 京都嵯峨おたぎねんぶつじ »