2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木之本町古橋・山里の秋 | トップページ | 京都紅葉・いきなり番外編 »

2007年11月28日 (水)

青龍山瑞泉寺・犬山市

風邪と馬鹿にしてはいけませんなぁ
(勝手に風邪と決め付けていますが)。
とにかくこんなに休養するつもりはなかったんですが動けません。

で、今日の記事は先日(24日)の犬山散策の中からです。
本来なら寂光院の後は当然観光地?である桃太郎神社から
犬山城となるんですが、敢えてこちらを紹介したいと・・・。

Inuyama002

前置きが長くなってしまいましたが、
紹介するのはこのもみじではなくてこちらです。

Inuyama001_2 
平凡なお寺の山門?ではないんですが、
「青龍山瑞泉寺」。

朝の電車で犬山遊園駅に着く直前に、
車窓から見た真っ赤なもみじの木。
これは絶対に見に戻らねば!と思っていました。
それが山門の右隅にちょこっと見える赤いもみじ、
冒頭の写真です。

撮影している石段のすぐ下が名鉄犬山線の線路と踏切です。

この山門(藥医門)は
犬山城の内田御門から移築したものだそうで・・・
と、書き出すと寺の凄さが多少お分かりいただけるかと。

冒頭のもみじは塔頭の一つ、
臥龍寺の塀から張り出したものでした。

こちらが横から見たところです。

Inuyama010
しかし
見事に赤く染まって表裏まったく関係なく綺麗なもみじでした。

このもみじを見て、更に石畳(右には石段が)を行きます。

Inuyama009_2
綺麗に手入れされた白砂に木々の樹形が映えます。

もう一つの門をくぐると、

Inuyama007
見事な鐘楼と、正面には立派な本堂があります。

この時点ではまったくどういった寺かも分からずに、
その佇まいにただ驚くだけでした。

鐘楼もこの画だけしか撮っていなかったんですが、
後で調べたら (>_<)
”鐘楼は室町時代の建立で三猿は左甚五郎の作”とあります。
もっと精しく見て撮ればよかったと・・・後の祭りです。
これが行き当たりばったりの良さ、悪さの悪さ!ですねぇ。

とりあえず境内の様子を。

Inuyama003
Inuyama004
境内にあるこれが何なのか?さっぱりですが、
巨岩の上に建つ崩れそうな門に白壁といい、
このあたりで曰くある寺だなぁとは感じたんですが。

Inuyama006_2
場所が名鉄犬山遊園駅のすぐ東に位置し、
高台ですから犬山城が正面に一望できます。

Inuyama005

ネットで調べて書いていますが、
”室町時代初期日峰宗舜禅師が創建、古本山と称されるのは
ここのみで、専門道場として座禅の研究に雲水が修行している”と。
かなりの格式のあるお寺だと分かりました。

この一帯には寺が多く、
どうやらすべて瑞泉寺の塔頭のようです。
隠れた犬山の仏閣?
この日は一組のお嬢さんたちとすれ違いました。

« 木之本町古橋・山里の秋 | トップページ | 京都紅葉・いきなり番外編 »

お出かけ・紅葉」カテゴリの記事

コメント

好々爺さんこんばんわ

ここ知りませんでした
犬山はあまり散策していなかったので
こんな場所があるのを知りませんでした

写真で見る犬山城との位置関係からあそこだろう
とは解かりますが

今度是非行ってみます

雪だるまさん こんにちは

普段ならここは絶対に行かないところですが(笑)、
一本のもみじのおかげ?で思わぬお寺を知りました。
行かれましたら鐘楼の三猿は(見れるかどうかも分かりませんが)
ぜひ確認してみてくださいね。

場所はご想像のとおり、線路に沿った右手の山側になります。

はじめまして元僧侶の田村宗隆と申します。拙僧が2年間いたお寺でございます。懐かしいなあ…ここから見える風景はすばらしかった。
5枚目と6枚目の写真の建物などはかつて多くの修行僧がいた名残でございます。また老師などの名僧の部屋などがあったといわれました。古い門のそばに小さな池があったはずですが拙僧がいたときにみんなで作りましたw
ちなみに階段を登ると古いお墓があるだけです。

ほかにも裏山の水子地蔵一帯も瑞泉寺の管轄です。色々な古い建物があちらこちらに残されています。成田山とはまったく宗派が違いますが微妙にくっついている距離があります。

歴史は古く、応仁の乱で本山の妙心寺が荒廃したときの仮本山として君臨していたといわれています。また織田信長も寄進したとの話もあります。臨済宗妙心寺派の中では今でも重要な位置であります。

拙僧のときは雲水が少なく5人しかいませんでした。この広い敷地を掃除するのがかなり大変だった思い出があります。歴史のある山門の横で下着が捨ててあったこともありましたwモノレールが当たり前に走っていた風景も残りわずかです。それまでにまた行こうかと思っています。長い文章ですいません^^またちょくちょく拝見させていただきます^^

田村宗隆さん
初めまして、ご来訪ならびにコメントを有難うございます。

瑞泉寺、私も初めて訪れましたが凄いお寺でした。
過去にでもここにいらした方の貴重なコメントを頂くに、
その凄さを再認識させていたしております。
取り留めのないことを書いておりますブログですが、
ぜひ覗いてやってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青龍山瑞泉寺・犬山市:

« 木之本町古橋・山里の秋 | トップページ | 京都紅葉・いきなり番外編 »