2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 湖北木之本・鶏足寺 | トップページ | 青龍山瑞泉寺・犬山市 »

2007年11月27日 (火)

木之本町古橋・山里の秋

湖北にある山里の奥・鶏足寺の紅葉のあとは、
その先の石道寺(しゃくどうじ)です。

小さな茶畑のなかを行くと、本堂の横に出ました。

Pict0041
鶏足寺とここは短い距離で結ばれていて、
いわばセットのようなものです。

ただ紅葉はいま一つ?というより数が少なく、
撮影のターゲットしては多くは望めず、
やや寂しい感ありですなぁ。

Pict00322
そんななかから本堂右下からです。

例によって人が居なくなるのを待つんですが
人波は途切れません。
根負けです!この境内では狙う場所は決まりますからね~。

まぁ、ここはこんなもんですから、
むしろこちらから入ったほうが後の楽しみが多くていいかも・・・。
この後は一旦来た道を戻って山里古橋地区の散策でした。

この里には鶏足寺の文化財収蔵庫である
「己高閣(ここうかく)」と「世代閣(せだいかく)」がありますが、
紅葉には関係なくただ立ち寄りだけで。

ここから古橋のバス停に戻るんですが、
與志漏神社(よしろじんじゃ)の境内を行きます。

Pict0055
集落に向かって下っていくんですが、
当然参拝と逆の順序になっています。

ちょうど光の加減が逆光で紅葉が綺麗です。

Pict0063
鐘楼(ここも神仏習合であったようです)の傍に一本の黄葉が。

Pict0066
そして参道から見る古橋区の集落です。

Pict0068
二の鳥居から大鳥居(入口)を見た参道ですが、
これは予想外・・・というか、
参道にかぶさるように染まるもみじの木々が張り出します。
まさにラッキーな時間でした。

・・・で、ラッキーついでです。

Pict0074

入口の鳥居を出るとバス停はすぐです。

この日は天気も最高で、
バスに乗るにはあまりにももったいない!
足を延ばす予定もなく、
木ノ本駅までのんびりと歩いて戻りました。

« 湖北木之本・鶏足寺 | トップページ | 青龍山瑞泉寺・犬山市 »

お出かけ・紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木之本町古橋・山里の秋:

« 湖北木之本・鶏足寺 | トップページ | 青龍山瑞泉寺・犬山市 »