2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 紅葉初便り・御在所岳 | トップページ | 上野天神祭・後半 »

2007年10月25日 (木)

上野天神祭前半・伊賀上野

今日は「上野天神祭」の本祭でした。
雨なら中止の祭です、
空模様を気にしながらの祭見物でした。

 Pict0002
祭が始まる前の静かな菅原神社拝殿です。

国指定・重要無形民俗文化財のこの祭は、
”鬼たちがひょろつきだんじりが迫る”とコピーにあるように、
御輿・鬼・楼車(だんじり)が伊賀上野の中心部を巡行します。

祭のハイライトが巡行そのものなので動きまわるわけにはいかず、
とりあえずはスタートに近い農人町の角で巡行を見ます。
出来る限り写真を載せたいので縮小版(大きくなりません)を使います。

9:00 時間どおりのスタートです。

Pict0007_1 Pict0010_1
まず御輿行列ですが、先頭は子供御輿にギャル御輿です。
その後、大人御輿が雰囲気を盛り上げます。

Pict0019_1 Pict0023_1
御輿の後は獅子と真榊(マサカキ)、その後に稚児が続きます。
八乙女がいて錦蓋・菅蓋です。

Pict0029_1 Pict0034_1
すぐ後には天満宮の御輿、そして九社宮の御輿が見えます。
宮司と禰宜の人力車が御輿行列の最後尾でした。

次が鬼行列になります。
金棒引きが行きますと大御幣が来ました。

 Pict0040
先頭を行く「しるし」だそうで、五大力明王を現しているそうですが、
難しいことは省きます。

Pict0042_1 Pict0051_1
そして悪鬼がいて、小鬼が従います。

 Pict0054
「役行者」が一本歯の高下駄で歩いて来ました、
なんとも歩きにくそうな。

そして「先達」と「奴」が行きますと「ひょろつき鬼」です。

 Pict0060
 Pict0066
上が釣鐘、下が斧山伏で、他に笈持ちがいます。
重いもの(に見えます)を背負い前後左右にひょろつき、
ユーモアたっぷりに沿道の見物人を沸かせます。

 Pict0074
そして徳居町鬼行列の印である「鬼王剣先」が引かれて来て、
後に続くのは山伏に小鬼です。

 Pict0083
最後尾手前が「鎮西八郎為朝」に「奴」、
最後尾が車引と太鼓台で鬼行列が終りました。

すぐに後に楼車(だんじり)の巡行が来ています。
一番のだんじり「紫麟(しりん)・魚町」の「しるし」です。

しかし、少しばかり長くなってきましたので一旦アップします。
この後の楼車行列は記事が出来次第に。

« 紅葉初便り・御在所岳 | トップページ | 上野天神祭・後半 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野天神祭前半・伊賀上野:

« 紅葉初便り・御在所岳 | トップページ | 上野天神祭・後半 »