2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 上野天神祭前半・伊賀上野 | トップページ | 追っかけ上野天神祭 »

2007年10月25日 (木)

上野天神祭・後半

三重県の伊賀上野で行われた「上野天神祭」、
本祭の後半は九台の楼車(だんじり)巡行です。

御輿行列、鬼行列と続いて
最後はメインのだんじり行列が始まりました。

 Pict0089
最初は魚町のだんじりで紫麟(しりん)、「しるし」は琴高仙人。

 Pict0094
だんじりの各部名称も細かくあるようですが、
今日はだんじりの前を引く「しるし」と、
だんじりの名前を手引き書を見ながら紹介します。

二番目は東町。

 Pict0095

 Pict0099
「しるし」は逆熨斗(さかさのし)、だんじりは「桐本」です。

三番目は向島町。

 Pict0101
 Pict0103
「しるし」は日・月・扇(じつ・げつ・せん)で、
だんじりは「鉄英剣鉾(てつえいけんぼこ)」。

次は小玉町です。

 Pict0105
 Pict0108   
「しるし」は三社の託宣、だんじりは「小蓑山」。
芭蕉の名吟にちなんで名付けられたと。いいですね~。
句は”初しぐれ猿も小簔をほしげ也”元禄二年(1689)の吟です。

次が五番目福居町、
長くなりそうですが・・・もう少しお付き合いを。

 Pict0110
 Pict0113
「しるし」は幟・三明幟山、幟の文字が芭蕉の筆ではと?・・・
ええぇ~~。
だんじりは「三明」。

次は西町です。

 Pict0117
 Pict0118 
「しるし」は鞨鼓(かっこ)、だんじりは「花冠(かかん)」です。

あと三つになりました、七番目、もう少しです。

 Pict0124 
「しるし」は月鉾ですが写真が・・・どこいった?ありません。
探している状態じゃないのでだんじりだけ
「二東・月鉾」、鍛冶町です。

すぐに八番目の新町が来ました。

 Pict0127
 Pict0131
そろいの着物でいいですねぇ、
「しるし」は白楽天、だんじりは「薙刀鉾」。
天明三年(1783)の頃創建されたといわれるそうです。

そして最後をつとめるだんじりは中町です。

 Pict0135 
 Pict0141 
「しるし」は菊慈童(きくじどう)、
だんじりは「其神山(きしんさん)・葵鉾」。

これが「だんじり巡行」、
そして「天神祭行列巡行」の最後尾です。

 Pict0143
ここから先頭を追って本町通に向かいました。

先頭から最後尾まで前、後半に分けて
「上野天神祭」の長~~い行列巡行を載せましたが
如何だったでしょうか?
長いお付き合いをありがとうございました。

祭のスナップ写真はは改めて載せたいと思っていますが、
さてどんな写真が残っているのか・・・。  

« 上野天神祭前半・伊賀上野 | トップページ | 追っかけ上野天神祭 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野天神祭・後半:

« 上野天神祭前半・伊賀上野 | トップページ | 追っかけ上野天神祭 »