2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ぶらり旅ままならず | トップページ | 大本山方広寺・半僧坊本殿 »

2007年9月 2日 (日)

遠州名刹・龍潭寺

天気があまり良くなかったんですが久しぶりのぶらり旅です。
気のむくままに高速道路通勤割引の100キロ圏三ヶ日インターです。

目指したのは奥浜名湖の浜松市引佐(いなさ)町寺めぐりでした。
以前から一度は行ってみたかった龍潭寺(りょうたんじ)です。
小堀遠州作の国指定文化財である名勝庭園、
あの遠州の庭が楽しみでした。

少し小雨がぱらつきましたがそれもまた好し!

 Pict0001
四脚造りの山門をくぐりますと緑のなかに石畳の参道が続きます。

 Pict0002

庫裡からすぐに本堂の鶯張りの廊下です。
踏んでみたらキュッキュッと鳴りました、
本物です!・・・当たり前です。

 Pict0028

本堂です、間近でそれも写真が撮れました!・・・
が撮りませんでした。

本尊は虚空蔵大菩薩。

 Pict0008

廊下の先には左甚五郎作の龍の彫刻です。

 Pict0011

ここから本堂裏の庭園に出ます。
これがその国指定文化財・名勝記念物の庭園です。

 Pict0016 Pict0021
本堂左からと右・庫裡から見た写真です(クリックでどうぞ)。

栞には 
”東峰・中峰・西峰の三つの築山を設け、東西に心字池が流れ、
数多くの石組みによる枯滝を配している”
 とあります。

正面の写真はさすがに28ミリでは撮りきれませんので
載せませんでした。

帰りの仁王門から見た本堂です。
 Pict0029

そして仁王門ですが、
こちらはなぜか新しく昭和62年の寄進とありました。

 Pict0030

遠州の名刹・龍潭寺、
ここは井伊家の菩提寺でもあります。
遠江国守として500年間も当地を治めた井伊家は、
24代の井伊直政の時に彦根に移ります。

ご存知のとうり彦根和田山の麓には
そのとき移築された龍潭寺があります。

遠江と近江の龍潭寺、
それぞれにまた趣のある名刹でした。

« ぶらり旅ままならず | トップページ | 大本山方広寺・半僧坊本殿 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

彦根の方は行ったことがあるのですが・・・
こちらは、まだ。
あ~、ここもまた行きたい、とずっと願っている場所です。
静岡の、浜名湖周辺のお寺は、ひとつなら名古屋から日帰りできますでしょうか。
来年はご縁があればいいなぁ・・・(ため息)。

きみこさん  ここはぜひ行ってみてください。

奥浜名湖の名刹、彦根もいいですがここままた趣があります。
しばし座して時の過ぎるのを楽しませてもらいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠州名刹・龍潭寺:

« ぶらり旅ままならず | トップページ | 大本山方広寺・半僧坊本殿 »