2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オニバス開花 | トップページ | そばの花咲く里・桜井市笠 »

2007年9月10日 (月)

近江母の郷を歩く・坂田

8日の朝、
オニバスの花を見てから再び米原市へ出かけました。
山内一豊の母「法秀院」の墓がある坂田に
「功名が辻」関連史跡を訪ねます。
いまさら「功名が辻」ではないんですが、なぜか?近江なんです。

湖岸道路の道の駅「近江母の郷」に車を入れて歩き始めました。
のどかな田園風景の中から宇賀野の集落に入ると
すぐに「法秀院の墓」がありました。

 Pict0017_2 Pict0018_2   
拡大するまでもない写真ですがバランスの都合上、
サムネイルです。

明治26年(1893)に2度目の改修がされたようで
横に当時の古い石扉、玉垣、墓石台座が残されています。
現在の墓は新しく平成9年の竣工したものです。

 Pict0020_1

説明板に明治の改修後の写真がありましたので
切り撮ってみました。

 Pict0023

結構広いものです。
新しい墓の隣にほぼ同じ大きさの土地があり、
柱の台石と見られるものや、祠がありましたから
多分この新しい墓は半分の大きさではないかと?

お墓の横に、母「法秀院」から皆様へという大きな看板がありました。
長いので時間が許す方は読んでみてください。
私も書くのが大変なので写真を載せます(クリックでどうぞ)。

   Pict0026e_1

山内一豊の母「法秀院」顕彰会が建てたものですが、
こういう語り調で書かれものはちょっと珍しいなぁと思って
ご紹介します。

さて、これで今日の目的は終ったようなもんですが、
せっかくなのでウオーキングを楽しんできました。

”一豊の父盛豊は尾張岩倉城の家老で信長に攻められ落城、
城と運命を共にしますが、一豊は母と逃げ延びここ宇賀野の
長野家に落着きます。”

これも諸説あって真偽は分かりませんがそれはそれとして・・・。

JR北陸線の坂田駅前にある一豊と千代の像「なでしこ」です。

 Pict0031
これも「功名が辻」のブームの賜物でしょうか。

ここから更に南に1キロほど行きますと、
千代の生まれたという若宮氏舘の跡があります。
小公園に「若宮氏顕彰碑」が建っていました。

 Pict0032

”千代(まつ)は近江浅井氏家臣であった
若宮喜助友興(米原市飯)の娘として生まれ・・・”となるんですが、
千代自身や生誕地も謎が多く、また諸説ありますので
ここが若宮氏の館跡だということにしておきます。

ちなみにこのウオーキングコースは
駅から更に高溝をめぐりますが、
この日は半分だけで止めました。

やはり暑かったです!
楽しんで歩くのも限度というもんがありますわ・・・。

さて、私事で恐縮ですが
本日9月10日はブログ開始2周年になる節目の日でした。
(実は17日と勘違いしていまして、
おかげで無理やり記事を関連付けてしまいました)。(-_-;)

なぜか?近江・・・。
ブログの最初の記事が「近江を歩く」でした。

奥の細道歩き旅を終えて次の目的とした「芭蕉紀行を歩く」・・・。
その1回目が芭蕉の墓がある大津膳所と周辺の記事でした。

振り返るとまあ~よく続いていると自分で感心しています。
見ていただいている皆様、ありがとうございます。
「ぶらり旅」、まだまだ続けて行きます。
これからもなにとぞご贔屓に!よろしくお願いいたします。m(__)m 

« オニバス開花 | トップページ | そばの花咲く里・桜井市笠 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

開設2周年おめでとうございます。
この2年間で、いったいどれだけの距離をあるかれたのでしょう。
車中心に移動して、尚且つメタボな私にとっては驚かされるばかりです。

Igaさん  ありがとうございます。

興味半分で始めたんですが・・・、最近はもうこちらが主で。
初めの頃はタイトルどうりでよかったんですが?
途中からえらいタイトルを付けてしまったと思うことも。
歩きは少なくなりましたが、ちょっと寄り道みたいな感じで続けられたらと。

2周年おめでとうございます!
本当にいろいろなところに行かれたのですね。
私が「行きたい!」と思うところにたくさん行かれていて、うらやましい限りです。
なかなか、旅に出られない私にとっては、
本当に良い案内になります。
これからも、いろいろなところのことを書いてくださると、嬉しいです。

私は、けっこう近いのですが、福井の「小浜」・・・これは是非、2泊ぐらいして、国宝のお寺めぐりと海の幸を満喫したい! とずっと思っています。
来年こそ! 来年こそ~!!

きみこさん  ありがとうございます。

よく続いたと思っています・・・いやこれからも続けなければと。
少ない時間で廻るところも制限されますが、それもまた楽しいところで。

>福井の「小浜」・・・
実はこの町は国宝めぐりもさることながら、古い町筋歩きも魅力!なんです。
近々行く予定をしてますが、ここはぜひ行ってくださいね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江母の郷を歩く・坂田:

« オニバス開花 | トップページ | そばの花咲く里・桜井市笠 »