2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 羽島田園街道・コスモス畑 | トップページ | 産業技術記念舘 »

2007年9月30日 (日)

ノリタケの森・名古屋

久しぶりの雨にぶらりと出られません!・・・
で、一週間前のネタです。

名古屋に出たついでに・・・といったら失礼か、
ノリタケの森に寄りました。
知る人は知る所でしょうが初めて訪れます。

  Pict0001

都会?の空間にこんな場所があるんですね~。
赤レンガに会うのは半田の町以来ですが、
都市空間を利用したこのノリタケの森は
次の100年にむかって誕生したと・・・。

  Pict0004_1 Pict0009

「森村・大倉記念キャンバス」では
セラミックスの歴史や無限に広がる可能性が紹介されています。

その入口と、展示されていたザウルスのセラミックの歯です。

 Pict0013 Pict0014

「ウエルカムセンター」ではノリタケの製品にため息をついて、
「クラフトセンター(1・2F)ノリタケミュージアム(3・4F)」へ。
ここは有料ですが陶磁器の製造工程や画付けを参観し
(申し込めば体験も)、ミュージアムでは世界を魅了した
オールドノリタケの美に触れる。

残念ながら写真撮影禁止で何もお見せできません。
我が知識では
とてもその美の真髄を確かめるすべもありませでしたが、
ただ素人目にも凄いとこれが陶器・磁器なんだと感嘆です。

チョイ寄りのつもりでしたが
どうしてどうして時間をかけてしまいました。

 Pict0017

外はフリーに開放されたゆとりの空間です。
巨大な6本煙突のシンボルモニュメントが
ノリタケの面影を偲ばせます。

 Pict0019e

 Pict0021
古い単独窯、ビオトーブなど、貴重な建造物と自然の共存でした。

名古屋駅の近くにもこんな場所があるんですねぇ。
再発見ではありませんが、存分に楽しませてもらいました。

« 羽島田園街道・コスモス畑 | トップページ | 産業技術記念舘 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好々爺さんおはおうございます
ノリタケの森
一度行ったことがありますが、その時はカメラを携帯しておらず、撮影を考えてみていませんでした
写真拝見させていただいていい場所だなって改めて思いました
機会があればもう一度行ってみたいですね

雪だるまさん こんにちは。

やはりご存知でしたか。
一度は行っておこうと出かけたんですが想像以上でした。
館内で時間をとり過ぎてひろばの散策がゆっくりできませんだが、
家族連れも多くちょっとしたスポットですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノリタケの森・名古屋:

« 羽島田園街道・コスモス畑 | トップページ | 産業技術記念舘 »