2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鯖街道・古知谷阿弥陀寺 | トップページ | るり溪・京都園部町 »

2007年8月10日 (金)

大原の里・宝泉院

酷暑の日だというのに、今日もまた7日のネタで恐縮です。
京都鯖街道を歩いて古知谷阿弥陀寺から大原に戻り、
遅い昼食の後に「宝泉院」を拝観してきました。
三千院門跡前から先には”声明の根本道場「勝林寺」”と
その坊である「実光院」と「宝泉院」があります。

その一番奥の一角にある「宝泉院」。

  Pict0049
入口から見る見事な五葉松にびっくりしながら左の「宝楽園」へ。

”「仏神岩組雲海流水花庭」を趣向し、地球太古の創生に遡り、
その原初の海を想像した庭園”
とよく分からぬ栞の書き出しには、
今般作庭した・・・とありますからまだ新しいのでしょうか。

  Pict0056  

さて、坊としての建物は座敷もつましく広くもありませんが、
赤い毛氈に座ってお抹茶をいただきながら
見事な額縁庭園を拝見します。

  Pict0061e

鴨居と柱に囲まれたなかにある竹林は
まさに日本画の額縁のようです。
左手にはあの五葉松の見事な幹の曲がこれも画のようです。
  
  Pict0064  

時間が遅かったせいか人が少なくて、
何も邪魔されずに写真が撮れました。

  Pict0067
  Pict0070e
この辺りはもう趣味的なものですが、
部屋からの水琴窟です。

  Pict0059_2
「鶴亀の庭」側と下は囲炉裏の部屋と庭。

  Pict0081e

何でも部屋越しに撮ってしまいましたが、
思えばもう少しぐらいは人がいてくれてもよかったかと・・・。

その典型的なのがここ三千院門跡前、
何度行ったか知れませんが、
こんなに人のいない写真が撮れるとは思いませんでした。

  Pict0086

やはり季節的なものと平日だからでしょうか?
おかげでゆっくりと大原を散策させてもらいました。

« 鯖街道・古知谷阿弥陀寺 | トップページ | るり溪・京都園部町 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

見事なまでに人がおりませんね!
宝泉院も昨年の秋に行きましたが、どうしても人が邪魔で仕方なかったです。
夏の暑いときの方が、かえって穴場的で良いのかも知れませんね。

Igaさん この日はさすがに人が少なかったです。

と言ってもそこは大原、シーズンに比べればですが。
しかし時間が遅いとこんなこともあるんですねぇ。
宝泉院も拝観者はいたんですが、たまたまこの時間は少なく
助かりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大原の里・宝泉院:

« 鯖街道・古知谷阿弥陀寺 | トップページ | るり溪・京都園部町 »